活動実績


  1. 2021年4月 一歩先行く中学受験 親だからこそできる我が子に合った学校選び
  2. 2021年2月 自分のための新しいウェルビーイングを見つける学び 「自分からどんどん学ぶ子が育つフィンランド式教育と日本の教育との違いや生き方について、一緒に考えませんか?」
  3. 2020年9月 マザクエ流探究型子育て講座 「コロナ時代を生き抜くために必要な力を育てるには」
  4. 2020年5月 マザークエスト 21Days Workout Challenge
  5. 2020年4月 コロナ疲れで子どもたちが不安定化していませんか?生活リズムを取り戻し、健全をキープする方法を医学と脳科学の専門家から学ぼう!
  6. 2020年4月 オンライン寄席「落語 Ⅹ ミニワークショップ」
  7. 2019年6月 変わる教育 変わる受験 ~新時代に必要な失敗力の育て方~
  8. 2019年6月 思考力の土台って何? ~自分で考えるのがどんどん楽しくなる~
  9. 2019年3月 "Most Likely To Succeed"映画上映会&ワークショップ
  10. 2019年2月 変わる教育 変わる受験 ~21世紀をたくましく生き抜くための失敗力の育て方~
  11. 2018年12月 AIと共存する未来 ~AI時代を幸せに生きる子どもたちに、今大事にしたいこと~
  12. 2018年7月  2020年 変わる受験 変わる英語教育
  13. 2018年4月  変わる教育と受験
  14. 2018年4~6月 実践講座「子どものやる気を育てるコーチング」<3回連続講座>
  15. 2018年2月  子どもの心のコーチング ~これだけは知っておきたい!AI時代に力を発揮する子育て3原則と親の関わり方~
  16. 2017年10月 運動ができる子は、勉強もできる! ~スポーツも勉強も得意になる、運脳神経のつくり方~
  17. 2017年6月  イロとカタチの不思議 ~発想力の鍛え方
  18. 2017年2月  脳科学で解き明かす、子どもの才能をぐんぐん引き出す親の関わり方
  19. 2016年10月 幸福学の視点から、子育てをポジティブにするワークショップ
  20. 2016年7月  夏休み特別講座 石田勝紀氏によるぐんぐん伸びる子になるスケジューリングとは?
  21. 2016年5月  「失敗力」出版記念 第2回特別授業  三谷宏治氏による「決める力を身につける 意思決定、発展的な議論の仕方を手に入れよう」
  22. 2016年3月  「失敗力」出版記念 第1回特別授業 開成中高 柳沢校長先生によるアクティブ・ラーニングを体験しよう
  23. 2015年9月    三谷さんちの子育て〜ヒマと貧乏とお手伝い〜
  24. 2015年6月    正しい脳の育て方~発達脳科学者成田先生による脳科学で解き明かす、子どもの才能をグングン引き出す親の関わり方
  25. 2015年7月  a.school×MotherQuest こどもとお母さんの探求力をあげよう
  26. 2015年3月  「出る杭を伸ばす探究型の子育て」 ~好奇心が溢れ出す子どもに育てる 炭谷俊樹氏 実践ワークショップ
  27. 2015年1月    いつする?こどもの受験 我が子を伸ばす教育環境の選び方
  28. 2014年8月     「社会で本当に求められる力ってなんだろう?時代が求める力とその力をつけるために親にできる事
  29. 2014年5月     「発想力を身につける」 三谷宏治氏 発想力ワークショップ
  30. 2014年2月       母だからこそ考えよう ~我が子にあった教育環境の選び方~ 第2回 
  31. 2013年11月     母だからこそ考えよう ~我が子にあった教育環境の選び方~ 第1回      

3回連続の実践講座の実績

  1. 2018年4~6月 子どものやる気を育てるコーチング
  2. 2016年9~11月 イライラを減らすアンガーマネージメント
  3. 2016年9~11月 子どもの「失敗力」を育てる 親力アップコース
  4. 2016年9~11月 マザークエスト流 一歩先行く中学受験 サクセスコース
  5. 2016年4~6月 子どものやる気を育てるコーチング
  6. 2016年4~6月 話し合いを前に進めるファシリテーション
  7. 2016年4~6月 マザークエスト流 一歩先行く中学受験 準備コース

他団体主催の講座やイベントの実績

  1. 2021年7月 Global Kids' Mom 「子どもの探究心の育て方」
  2. 2021年6月 Life is Tech 「やりたいことから伸ばす!今の中高生に必要な力とは?」
  3. 2021年6月 花まる子育てカレッジ 「成功する子はやりたいことを見つけている」
  4. 2021年5月 Go Visions 「失敗力と好奇心 ~新時代の教育のキーワード~」
  5. 2020年11月 受験生の親を救う会 「今知りたい、後悔しない高校選びの新基準」
  6. 2020年6月 花まる子育てカレッジ 「withコロナ時代の中学受験を考える」
  7. 2019 年9月〜 お茶の水教育カレッジ 「1歩先行く幸せな中学受験ゼミ」(6回連続講座)
  8. 2019年7月 お茶の水教育カレッジ 「変わる教育、変わる受験 ~21世紀をたくましく生き抜くための失敗力の育て方~」 
  9. 2019年6月 学びを楽しむ探求型のスクール cotolabo art gallery 「変わる教育 変わる受験 ~新時代に必要な失敗力の育て方」
  10. 2018年5月 キッズアイランド砧校「AI時代をたくましく生き抜く子どもに育てる6つの栄養素」
  11. 2018年4月 東京青年会議所「ヒーローアカデミー2.0 Education Shift あなたが子どもにできること」出展
  12. 2018年3月 笑顔のコーチング
  13. 2018年3月 shiawase2.0出展
  14. 2017年9月 武蔵小杉ワーキングマザー交流会「働くママ、パパのためのちょっと知りたい中学受験」
  15. 2017年9月 伊勢丹オトマナ「失敗力セミナー」
  16. 2017年4月 武蔵小杉ワーキングマザー交流会「時間がないワーママこそ知っておきたい!子供の自発的な学習を促すコツ」
  17. 2017年3月 shiawase2.0出展
  18. 2016年6月 考える教室forKids「子どもの考える力をぐんぐん伸ばす子育てコーチング」
  19. 2016年5月 イングリッシュスタジオ 「グローバル社会の中を生き抜くための『失敗力』とは? 講座&ワークショップ」
  20. 2016年4月 スターグローブ 「グローバル時代を生き抜くために 成功したいなら『失敗力』を育てなさい」
  21. 2015年5月 a.school 「いつする?こどもの受験 我が子を伸ばす教育環境の選び方・作り方」

PTA向け講演会もお受けしています!

  1. 2019年11月 世田谷区立八幡山小学校     「AI時代を生き抜くために ~失敗してもくじけない子どもに育つ『失敗力』の育て方」
  2. 2019年11月 世田谷区立駒沢小学校  「AI時代を生き抜くために ~失敗してもくじけない子どもに育つ『失敗力』を育てる6つの栄養素」
  3. 2019年6月 世田谷区立等々力小学校 「家庭で活かせる!コーチング講座 ~子どものやる気を引き出すコーチング~」
  4. 2018年12月 世田谷区立等々力小学校 「イライラを減らすアンガーマネジメント」
  5. 2018年11月 世田谷区立京西小学校  「AI時代を生き抜くために ~失敗してもくじけない子どもに育つ『失敗力』の育て方~」
  6. 2018年6月  世田谷区立二子玉川小学校 「成功したいなら『失敗力』を育てなさい ~AI時代を生き抜くために必要な力とは~」
  7. 2017年11月 世田谷区立用賀小学校  「イライラを減らすアンガーマネージメント」
  8. 2017年9月  世田谷区立八幡小学校  「これから変わる社会に対応していける子ども
  9. 2016年12月 世田谷区立等々力小学校 「思春期を見据えて、今からできる親子のよりよいコミュニケーションとは」
  10. 2016年6月  世田谷区立等々力小学校 「いざという時のために ~今からできることを考える防災ワークショップ~」
  11. 2014年6月  世田谷区立等々力小学校 「母だからこそ考えよう 我が子にあった教育環境の選び方」

最近の報告


「子育ての悩みがスルスル解決する探究子育てベーシック✕魔法のメモ活用術」開催しました

 マザークエストでは、「子育ての悩みがスルスル解決する探究子育てベーシック✕魔法のメモ活用術」の5日程あるうちの初回を2022年5月20日に開催しました。数日前に満席となり、多くの方に関心を持っていただきありがとうございます。

 マザークエスト代表の中曽根陽子が子育て中の皆様に伝えたいことがぎゅっと詰まったこのセミナー。自立心と探究力を育てるために家庭でできることをお話しました。また、簡単に家庭で探究に取り組めるメモ術、10min FOCUS Mapping®を活用するとどんなことが起こるのか、事例をご説明しました。

 

 参加者の方からの感想を一部紹介します。

  • 自分に余裕を持って、未来に意識を向けられる声かけをしていきたいです
  • つい「どうして私の気持ちがわからないの?」と思ってしまうのですが、まだこころの脳の育つ前だと気づきました
  • ポジティブアプローチ、実践していきたいと思います!
  • 睡眠時間の確保をなんとかしていきたいと思います!
  • 自分(母)を整えるというメモ術は興味津々です
  • 子どもたちのいいところを今日伝えてみます
  • ついつい「また同じことして!」と言ってしまっているので「なんでそうするの?」と言い方を変えていきたいです。良いところ、できてるところに目を向けていきます

 

続きを読む 0 コメント

「いま教育で一番大事な『探究力』の育て方 」 開催しました

 2022年5月12日に10min FOCUS Mapping®︎グランドインストラクターただくまみほさんと中曽根陽子がトークイベントを開催しました。

 トークイベントのタイトルは、「いま、教育で一番大事な「探究力」の育て方」。マザークエスト代表の中曽根陽子は「家庭でこそ探究を!」と皆様にお伝えしてきました。そして、この度「このメモ術があれば、簡単に家庭で探究に取り組める! とっても良いから皆様にぜひ伝えたい!」と一念発起し、インストラクターになりました。
 それが10min FOCUS Mapping®というメモ術です。

一度手にしたら、一生使えて人生が変わる魔法のメモ術
お母さんが書けば、子どもの自律心が育つ魔法のメモ術
どんなメモ術なのか?

 探究力×魔法のメモ術で何が生まれるのか・・・。

 このトークイベントには、リアルで95名の方がご参加下さいました。

 

続きを読む 0 コメント

「祖父母からもらったプレゼントを息子がお友達と交換しちゃった!」配信しました | マザークエストカフェ#13 on Clubhouse

 

 マザークエスト代表中曽根陽子がClubhouseでのおしゃべりを月2回開催しています。

 

 1つは、第2火曜の「マザークエストカフェ」。中曽根陽子とマザークエストスタッフまりこが子育てあるあるなお悩みについて話します。

 もう1つは第3土曜の「世界の果てまで探Q 謎解き子育てバラエティ」。メルボルン在住子育て笑顔クリエーターのRipさん、子育て真っ最中のSayaさんと3人で探究をテーマにおしゃべりしています。

 

 今回のマザークエストカフェ#13は「祖父母からもらったプレゼントを息子がお友達と交換しちゃった!」をテーマに2022年5月10日に配信しました。

 

 このテーマ、いろいろな要素が詰まってますね。
 親の立場としては、「もらったものは大事にしてほしい」「プレゼントを贈ってくれた祖父母の気持ちも大事にしてほしい」というのは当然あるでしょうし、今度祖父母に会ったら何て言おう、なんて義理立てもあるかもしれません。
 一方で、子どもの立場としては、「もらったものは自分のものだから、自分の好きにしていい」「お友達が持ってるものの方が魅力的だから交換したい」と思っていたのかもしれません。そもそもダメなことと思っていなかったかもしれませんね。

 

 中曽根から、自分は何が問題と思っているのか、何にもやもやしているのか、子どもに伝えたいことは何かなど、まず事実を整理して、その後で、子どもの気持ちを聞いてあげること、最後に、親として伝えたいことを伝えるといいとお話ししました。子どもはまだ人の立場に立って考えるのが難しいかもしれないので、親の気持ち、祖父母の気持ちを伝えてあげるいいですね。

 

 このお悩みを寄せてくれたむつみさんがスピーカーに上がってくれたのですが、家族での話し合いの際に親から見えていることと子どもが見てることが違って、うまく話が噛み合わないことがあったそうです。それも子どもの気持ちや理由を聞いてみてわかったことですよね。

 

 そこから、こういう問題が起きた時こそ親の価値観を伝えるチャンスになるね、という話も出ました。普段(親としては)当たり前と思っていることを、改めて子どもに伝えるチャンスと捉えるといいのかもしれません。祖父母もいつも子ども達に愛情をかけてくれていることや家族として守って欲しいことなどを伝えられるといいなと思いました。

 

 機会があると家族会議をするというむつみさん。継続してやっていると、家族みんなが言いたいことを言える対話の時間になりそうですね。我が家にも取り入れたいなと思います!

 

 スピーカーに上がってくださったむつみさん、聴いてくださった方々、ありがとうございました。

 

 次回マザークエストカフェ#14は、2022年6月21日(火)11:30~お話しします。
 世界の果てまで探Q#8は、2022年6月11日(土)12:30〜「どうする意味のない宿題?」をテーマにお話しします。

 

 ご興味のある方は、Clubhouseで「子育て教育探Qチャンネル」を検索して、"Join"ボタンをクリックしていただくと、ルームが始まると通知が送られます。来月もお楽しみに♪

 

Clubhouse 子育て教育探Qチャンネルはこちらから

 

 マザークエストでは、今後も皆さんの子育てに役立つ講座を開催していきますので、ぜひメンバー登録をしてくださいね。
メンバー登録はこちらから。

 

0 コメント

どうする五月病? | 世界の果てまで探Q#7、配信しました

 

 マザークエスト代表中曽根陽子がClubhouseでのおしゃべりを月2回開催しています。

 

 1つは、第2火曜11:30からの「マザークエストカフェ」。中曽根陽子とマザークエストスタッフまりこが子育てあるあるなお悩みについて話します。

 もう1つは第3土曜の「世界の果てまで探Q」。メルボルン在住子育て笑顔クリエーターのRipさん、子育て真っ最中のSayaさんと中曽根陽子の3人で、自分らしく幸せに生きる力が育つ子育てや教育について探究するルームです。

 

 「世界の果てまで探Q#7」は「どうする五月病?」をテーマに2022年5月14日に配信しました。

 

 久しぶりの10連休となった今年のゴールデンウイーク。皆さんはどんな過ごし方をしましたか?
 ちょっと離れた博物館まで自転車で行って楽しかったという話から始まった今回のトーク。でも、休み明け、子どもは元気だったんだけれど、親の方が疲れが出て、ちょっとしんどかったというお話から、子どもだけでなくて大人も、休み明けってペースを取り戻すまでに時間かかるよねという話で盛り上がりました。

 

 長期休み明けに、学校への行き渋りや自殺も増える日本と違って、オーストラリアでは5月病という言葉にあたる言葉はないそうです。それは、好きな時に休みを取れるという習慣の違いもあるけれど、ストレスを溜め込む前に自分から発散するという国民性も大きいようです。

 

 それでもRipさんのお子さんも、「今日は学校に行きたくない」という日もあるそうで、そんな時、お子さんは「今日はウェルビーイングデーにする」と言って休むそうです。ウェルビーイングって、精神的身体的社会的に良好な状態にあることですが、そういう言葉を使って子ども自身が自分をメンテナンスするって、とってもいいなと思いました。


 「多分学校でそういう話が出ているんだと思う」とRipさんはおっしゃっていましたが、お子さんの学校では、スクールカウンセラーが常駐していて、子どもたちはいつでも気軽にその部屋に立ち寄って、おしゃべりをしているんだとか。

 

 自分で自分の心や体の状態に気づけて、そういう気持ちを吐き出して受け止めてもらえる場所があるってとっても大事ですよね。


 そして、ウェルビーイングデーというポジティブな言葉で表現することで、セルフメンテナンスすることの大切さを子どもの頃から教えられているって・・・日本も学ぶべきだなと思いました。

 

 子どもが「学校に行きたいくない」と言い出したら、ドキッとしますが、「そんな時もあるよね。じゃあ今日はウェルビーイングデーにしようか」とゆったり受け止められるといいですね。

 

 そんな気持ちのゆとりを持つためにも、親自身が、自分メンテナンスすること。そして、お家の中にも一人でゆっくりできる場所を作れるといいよねというお話になり、Ripさんのお宅では、素敵な籐のハンギングチェアがそういう場所になっていると写真を見せてもらいました。
 あーおしゃれ・・・。

 まだまだ休むことに対する罪悪感を持ってしまいがちな日本社会ですが、ウェルビーイングデーを流行らしたいなと思いました。

 

 Ripさん、Sayaさん、スピーカーに上がってくださった方々、聴いてくださった方々、ありがとうございました。

 

 次回マザークエストカフェ#14は、2022年6月21日(火)11:30~お話しします。
世界の果てまで探Q#8は、2022年6月11日(土)12:30〜「どうする意味のない宿題?」をテーマにお話しします。

 

 ご興味のある方は、Clubhouseで「子育て教育探Qチャンネル」を検索するか、下記リンクより、"Join"ボタンをクリックしていただくと、ルームが始まると通知が送られます。来月もお楽しみに♪

 

https://www.clubhouse.com/club/子育て教育探qチャンネル

 

 マザークエストでは、今後も皆さんの子育てに役立つ講座を開催していきますので、ぜひメンバー登録をしてくださいね。
メンバー登録はこちらから。

 

0 コメント

子どもがボーッとしてる時、脳で起こっていること | マザークエストオンラインサロン エン活部<チーム子育て>第3回エン活タイム開催しました

 

 マザークエストオンラインサロン「エン活部」<チーム子育て>では、子育てあるあるな事例を取り上げながら、私の子育ての軸を作り、「わかった」から「できた」に変えられるよう、参加者の皆様とチームで取り組んでいきます。2022年4月26日に第3回エン活タイムを開催しました。

 

 前回のテーマが「子どものいいところやできているところに注目する」でしたので、チェックインとして、参加者の皆さんにご自身の変化やお子さんに伝えてみてどうだったかを紹介しあいました。

  • 子どものいいところを伝えると、子どもが嬉しそうで、私も嬉しくなった。いい循環になりそう。
  • 息子のいいところを伝え今後を楽しみにしてると伝えたところ、自分がやっていることを今まで以上に話してくれるようになった。前向きな変化も見られる。
  • 娘が早めに学校の準備をしているのを褒めたところ、忘れ物が激減した。
  • 成年した息子だが、周囲から期待されているが不安も大きいことに対し、息子のいいところを挙げて背中を押してあげたらやはり勇気が出たよう。

 皆さん、いろいろとよい変化があったようです。いいところやできていることを認めてもらえると、もっと頑張ろうと思えるようですね。

 

 さて、今回のテーマは「ボーっとしてる場合?」です。
まず、中曽根からのミニレクチャー。最新の脳科学の研究で、「ボーっとしてる時は実は脳はフル回転していて、感情や記憶などの断片をつなぎ合わせ整理をしている」のだそうです。
 確かに、机に向かって考えている時には思いつかなかったことを、お風呂や散歩中にひらめいたりしたことは誰にでもありますよね。なので、ボーっとする時間(やらないといけないことがなく自由な時間)は子どもにも大人にも必要です。


 でも、「やらないといけないことがあるのにぼっーっとしていたら、どうしたらいい?」という疑問も湧いてきます。

 中曽根は、「宿題などやらないといけないことや、食事や寝る時間など家族として守って欲しい時間もあるので、その時が話し合いのチャンス。どうしたらできるのかを子どもと相談していけるといいですね」と言います。

 

 その後、参加者同士で、それぞれの家庭の事例や悩みを出し合いました。参加者の方から「うちの子、活動的でボーっとしていないんです」というお悩みもありました。
 ボーっとしている時間と書いていますが、「何もしない時間」でなくても「自分が好きなことをできる自由時間」が確保されていれば大丈夫です。

 

 そして、寝る時間やタブレットの使用など、健康のことを考えるとルールが必要なこともあり、親として守って欲しいこととその理由を伝えた上で家族会議でルールを決められるといいね、という話になりました。
 親が決めて子どもに守らせるよりも、子ども主体で決めた方が守れる可能性が高くなるようですので、皆さんのご家庭でもやってみてくださいね。

 

続きを読む 0 コメント

「大学受験の現状とこれから」 | マザークエストオンラインサロン エン活部<チーム受験> 4月エン活タイム開催しました

 

 教育ジャーナリストでポジティブ心理学コンサルタントの中曽根陽子は、幸せな受験を目指すオンラインサロン “チーム受験”を主催しています。オンラインサロンでは毎月、受験に関わる様々なテーマを中曽根陽子がお話します。4月は大学教育コンサルタントの吉田涼平さんをお招きして、ここでしか聞けない大学の今とこれからについて、教えていただきました。

 

続きを読む 0 コメント