活動実績


  1. 2021年2月 自分のための新しいウェルビーイングを見つける学び 「自分からどんどん学ぶ子が育つフィンランド式教育と日本の教育との違いや生き方について、一緒に考えませんか?」
  2. 2020年9月 マザクエ流探究型子育て講座 「コロナ時代を生き抜くために必要な力を育てるには」
  3. 2020年5月 マザークエスト 21Days Workout Challenge
  4. 2020年4月 コロナ疲れで子どもたちが不安定化していませんか?生活リズムを取り戻し、健全をキープする方法を医学と脳科学の専門家から学ぼう!
  5. 2020年4月 オンライン寄席「落語 Ⅹ ミニワークショップ」
  6. 2019年6月 変わる教育 変わる受験 ~新時代に必要な失敗力の育て方~
  7. 2019年6月 思考力の土台って何? ~自分で考えるのがどんどん楽しくなる~
  8. 2019年3月 "Most Likely To Succeed"映画上映会&ワークショップ
  9. 2019年2月 変わる教育 変わる受験 ~21世紀をたくましく生き抜くための失敗力の育て方~
  10. 2018年12月 AIと共存する未来 ~AI時代を幸せに生きる子どもたちに、今大事にしたいこと~
  11. 2018年7月  2020年 変わる受験 変わる英語教育
  12. 2018年4月  変わる教育と受験
  13. 2018年4~6月 実践講座「子どものやる気を育てるコーチング」<3回連続講座>
  14. 2018年2月  子どもの心のコーチング ~これだけは知っておきたい!AI時代に力を発揮する子育て3原則と親の関わり方~
  15. 2017年10月 運動ができる子は、勉強もできる! ~スポーツも勉強も得意になる、運脳神経のつくり方~
  16. 2017年6月  イロとカタチの不思議 ~発想力の鍛え方
  17. 2017年2月  脳科学で解き明かす、子どもの才能をぐんぐん引き出す親の関わり方
  18. 2016年10月 幸福学の視点から、子育てをポジティブにするワークショップ
  19. 2016年7月  夏休み特別講座 石田勝紀氏によるぐんぐん伸びる子になるスケジューリングとは?
  20. 2016年5月  「失敗力」出版記念 第2回特別授業  三谷宏治氏による「決める力を身につける 意思決定、発展的な議論の仕方を手に入れよう」
  21. 2016年3月  「失敗力」出版記念 第1回特別授業 開成中高 柳沢校長先生によるアクティブ・ラーニングを体験しよう
  22. 2015年9月    三谷さんちの子育て〜ヒマと貧乏とお手伝い〜
  23. 2015年6月    正しい脳の育て方~発達脳科学者成田先生による脳科学で解き明かす、子どもの才能をグングン引き出す親の関わり方
  24. 2015年7月  a.school×MotherQuest こどもとお母さんの探求力をあげよう
  25. 2015年3月  「出る杭を伸ばす探究型の子育て」 ~好奇心が溢れ出す子どもに育てる 炭谷俊樹氏 実践ワークショップ
  26. 2015年1月    いつする?こどもの受験 我が子を伸ばす教育環境の選び方
  27. 2014年8月     「社会で本当に求められる力ってなんだろう?時代が求める力とその力をつけるために親にできる事
  28. 2014年5月     「発想力を身につける」 三谷宏治氏 発想力ワークショップ
  29. 2014年2月       母だからこそ考えよう ~我が子にあった教育環境の選び方~ 第2回 
  30. 2013年11月     母だからこそ考えよう ~我が子にあった教育環境の選び方~ 第1回      

3回連続の実践講座の実績

  1. 2018年4~6月 子どものやる気を育てるコーチング
  2. 2016年9~11月 イライラを減らすアンガーマネージメント
  3. 2016年9~11月 子どもの「失敗力」を育てる 親力アップコース
  4. 2016年9~11月 マザークエスト流 一歩先行く中学受験 サクセスコース
  5. 2016年4~6月 子どものやる気を育てるコーチング
  6. 2016年4~6月 話し合いを前に進めるファシリテーション
  7. 2016年4~6月 マザークエスト流 一歩先行く中学受験 準備コース

他団体主催の講座やイベントの実績

  1. 2020年11月 受験生の親を救う会 「今知りたい、後悔しない高校選びの新基準」
  2. 2020年6月 花まる子育てカレッジ 「withコロナ時代の中学受験を考える」
  3. 2019 年9月〜 お茶の水教育カレッジ 「1歩先行く幸せな中学受験ゼミ」(6回連続講座)
  4. 2019年7月 お茶の水教育カレッジ 「変わる教育、変わる受験 ~21世紀をたくましく生き抜くための失敗力の育て方~」 
  5. 2019年6月 学びを楽しむ探求型のスクール cotolabo art gallery 「変わる教育 変わる受験 ~新時代に必要な失敗力の育て方」
  6. 2018年5月 キッズアイランド砧校「AI時代をたくましく生き抜く子どもに育てる6つの栄養素」
  7. 2018年4月 東京青年会議所「ヒーローアカデミー2.0 Education Shift あなたが子どもにできること」出展
  8. 2018年3月 笑顔のコーチング
  9. 2018年3月 shiawase2.0出展
  10. 2017年9月 武蔵小杉ワーキングマザー交流会「働くママ、パパのためのちょっと知りたい中学受験」
  11. 2017年9月 伊勢丹オトマナ「失敗力セミナー」
  12. 2017年4月 武蔵小杉ワーキングマザー交流会「時間がないワーママこそ知っておきたい!子供の自発的な学習を促すコツ」
  13. 2017年3月 shiawase2.0出展
  14. 2016年6月 考える教室forKids「子どもの考える力をぐんぐん伸ばす子育てコーチング」
  15. 2016年5月 イングリッシュスタジオ 「グローバル社会の中を生き抜くための『失敗力』とは? 講座&ワークショップ」
  16. 2016年4月 スターグローブ 「グローバル時代を生き抜くために 成功したいなら『失敗力』を育てなさい」
  17. 2015年5月 a.school 「いつする?こどもの受験 我が子を伸ばす教育環境の選び方・作り方」

PTA向け講演会もお受けしています!

  1. 2019年7月 世田谷区立八幡山小学校     「AI時代を生き抜くために ~失敗してもくじけない子どもに育つ『失敗力』の育て方」
  2. 2019年7月 世田谷区立駒沢小学校  「AI時代を生き抜くために ~失敗してもくじけない子どもに育つ『失敗力』を育てる6つの栄養素」
  3. 2019年6月 世田谷区立等々力小学校 「家庭で活かせる!コーチング講座」
  4. 2018年12月 世田谷区立等々力小学校 「イライラを減らすアンガーマネジメント」
  5. 2018年11月 世田谷区立京西小学校  「AI時代を生き抜くために ~失敗してもくじけない子どもに育つ『失敗力』の育て方~」
  6. 2018年6月  世田谷区立二子玉川小学校 「成功したいなら『失敗力』を育てなさい ~AI時代を生き抜くために必要な力とは~」
  7. 2017年11月 世田谷区立用賀小学校  「イライラを減らすアンガーマネージメント」
  8. 2017年9月  世田谷区立八幡小学校  「これから変わる社会に対応していける子ども
  9. 2016年12月 世田谷区立等々力小学校 「思春期を見据えて、今からできる親子のよりよいコミュニケーションとは」
  10. 2016年6月  世田谷区立等々力小学校 「いざという時のために ~今からできることを考える防災ワークショップ~」
  11. 2014年6月  世田谷区立等々力小学校 「母だからこそ考えよう 我が子にあった教育環境の選び方」

最近の報告


一歩先行く中学受験「親だからこそできる我が子に合った学校選び」募集を開始しました

すっかり春らしい陽気になり、桜が咲く中、6年生は卒業式を終え、新しい学校へと進学する季節ですね。
我が子も4月から4年生となり、塾通いが始まりました。そうなると、急に中学受験にも現実味が帯びて、「学校ってどうやって選べばいいの?」という声をよく聞きます。
また、今年6年生になる娘さんがいる方から「塾は偏差値だけを見て学校を勧めてくる感じがあって、なんだかモヤモヤする」というご相談を受けました。そこで、偏差値によらない我が子に合った学校を探すためのワークショップを開催することにしました。

中学受験はゴールではありません。子どもが楽しく過ごせる学校、子どもが伸び伸び成長できる学校、そんな学校に進学させてあげたいですよね。
我が子にはどんな学校が合いそうか?
偏差値ではなく学校を選ぶにはどんな基準があるのか?
我が子を一番近くで見ている親だからこそできる、我が子にあった学校選びを一緒に考えてみませんか?
より理解を深めてもらうため、今回は教育ジャーナリストとしてたくさんの学校を取材してきた中曽根陽子が提案する学校選びの7つの基準について書かれた著書「成功したいなら「失敗力」を育てなさい」(定価1650円)をプレゼントいたします。
日時  :2021年4月24日(土)10:00~12:00
開催方法:Zoom(お申込みの方に詳細をご連絡いたします)
受講料 :4000円(中曽根陽子の著書付)
     3000円(既に本をお持ちの方)
お申込みこちらよりお申込みください。
◆ワークショップの内容◆
最初に、2020年度から始まった教育改革の内容やこれからの時代を生きる子どもたちに求められる力について、そして、最新の入試傾向について、教育ジャーナリストの中曽根より簡単にお話いたします。
その後で、学校選びの7つの基準について、具体例を挙げながら解説いたします。
最後に、皆さまからのご質問に中曽根がお答えします。

◆こんなお悩みや疑問のある方にお勧めです◆
・最近の中学受験ってどうなっているの?
・中学受験と高校受験、どっちがいいの?
・どんな基準で学校を選べばいいの?
・子どもの好みをどう見極めたらいい?
・学校説明会やHP、パンフレットからどんな情報を読み取ればいい?
・学校主催の説明会と合同説明会、どう使い分ける?
・オンライン説明会を見るポイントは?
・コロナ禍の学校見学、行けない場合はどうしたらいい?
・塾の先生とどう付き合ったらいい?

ご参加お待ちしております。
0 コメント

マザクエ流探究型子育て講座 第2回オンライン寄席 親子で大笑い「落語で表現」ワークショップ 開催しました

こんにちは。マザークエストです。
昨年に続き、第2回オンライン寄席として、親子で大笑い「落語で表現」ワークショップを開催しました。今回は、「表現」にフォーカスをあてたワークを交えながら、親子で笑いながら楽しみました。
最初に、「めがねをかける」のかけると同じ音で違う意味のことばって?のように、いろいろな言葉を連想してみました。落語のオチにつながるところですね。
そして、昔話を聞いて、落語表現はなにが違うのかを学びました。
今回はオンラインでしたが、参加型・クイズ形式のワークが満載。
「何かを食べている仕草」をやってもらい、みんなで当てるというゲームをしたり、落語の特徴を踏まえながら小噺に挑戦してみたり、オリジナルの物語を作って披露してみたり!  子どもたちも、積極的に挑戦していましたよ。
自前のネタを披露してくたお友達もいて、「こどもの表現力ってすごい!」と感動したり大笑いしたりする場面もたくさんありました。
最後に、じゅげむ先生が学生時代に落語選手権で最優秀賞を受賞したネタでもある動物園のお話を一席
聴かせていただきました。うちの娘は、このお話を聞いたのは2回目でしたが、「やっぱりこのお話は面白いねー」と大笑いしながら聞いていました。
21世紀型能力の1つとされる「表現する力」ですが、こんな風に楽しんで身に付けることができたらいいなと改めて感じました。
楽しい時間を作ってくれたじゅげむ先生、
ご参加してくださったみなさま、
どうもありがとうございました。
オンラインでも十分楽しかったけど、
リアルだったら会場が笑いで溢れていただろうなと思うので、
いつかリアルでも開催したい!と思います。
またぜひご参加くださいね。

 

続きを読む 0 コメント

マザクエ流探究型子育て講座 第2回オンライン寄席 「落語で表現」ワークショップ 募集を開始しました

こんにちは、マザークエストです。
段々と春を感じる日が多くなってきましたね。
なのに、まだ何となく自由におでかけしにくい感じはあって、春休みの子ども向けのイベントも少ないように感じます。
せっかくのお休みだから、お楽しみのイベントもあったらいいなということで、親子向けの落語ワークショップを企画しました!
オンラインでのコミュニケーションが増えている中、感情や気持ちを画面上でうまく伝えられないことはありませんか?何人もの登場人物や場面を一人で表現する落語、そこにはたくさんのヒントがあると思います。
オンラインだけでなく親子でうまく気持ちが伝えられないとき、落語が助けてくれるかもしれません。
親子で大笑いしませんか?
今回のワークショップでは、落語ならではの表現に親子で挑戦してみたり、オチを考えるクイズをした後に、じゅげむ先生の落語を一席お聞きいただきます。
落語に親しみをもっていただくと共に、表現する楽しさを感じていただければと思います。
◆日時  :2021年3月27日(土)10:30‐12:00
◆対象  :落語で笑いたい親子(4,5歳~)★先着15組
◆講師  :花まる亭じゅげむ 小幡七海(おばたななみ) 花まる学習会所属
◆参加費 :3000円
◆参加方法 :*zoomオンライン会議システムを使います。
       *zoomのURLは、前日夜と当日朝にpeatixよりメールでお送りします。
       *記録用に当日の画面は録画されます。画像をSNS等でシェアされることもございます。予めご了承願います。
◆お申込み:  peatix よりお申込みください。
*親子での参加になりますが、お子様は何人でも大丈夫です。
*お申し込みの方にはZoom用の背景画像をプレゼント。(当日使えば落語家気分!)
~★前回の感想をご紹介します★~
・楽しいひと時を有難うございました!自粛生活が続く中、こういったワークショップを開催して頂けること自体が大変有難く、数日前からずっと楽しみにしておりました
・先生と全国の皆さんと繋がって、色んな考えを共有できたこともとてもよかったと思います。
・次回以降もまた開催されれば嬉しいな! 
・新小2の娘はずっと前のめりで楽しんでいました。特に、クイズ形式で、答えを書いて出すというパターンは初めてでしたが、文字を書くのが遅い娘が必死に取り組んでいる姿を見れて良かったです。
・終了後すぐにじゅげむ先生のyoutubeを探していました。
・息子はオンラインでのワークショップは初めてでしたので、開始直後はテレビのように画面の向こうの方々と繋がっている感覚がなかった様子でしたが、一方通行の講座スタイルではなくクイズで発言が出来たり、それにじゅげむ先生からコメントを入れて頂けたりするうちに、どんどん笑顔が増えて、参加している!ことを本当に楽しんでおりました。また、先生方だけでなく全国の皆さんとも繋がって、色んな考えを共有できたことも、マンツーマンでない利点がありましたし、影響を受けている様子でした。
・聞くだけでなく、やりとりがあったので、楽しかったです。子どもは「落語が面白かった」と話しています。双方向のアクティビティがあって、興味を持って参加できました。
【小幡七海さん】学生時代は関西の女子大学で唯一の落語研究会に所属。
第1回尼崎落研選手権では「特別賞」受賞、第13回全日本学生落語選手権策伝大賞にて「敢闘賞」受賞、
第14回全日本学生落語選手権策伝大賞にて、「最優秀賞」受賞。
その経験を経て、落語を知らない人達へ落語の魅力を伝えるために京都市にて小学校教員になり、落語クラブを設立。
花まる学習会にて、子どもの魅力を引き出す教育現場に携わりながら、幼稚園から大学生、企業研修等、全国各地で出前ワークショップを行っている。
0 コメント

「自分のための新しいウェルビーイングを見つける学び ~教育ジャーナリスト中曽根陽子がフィンランドの生活文化専門家と探求型教育と子育てについてとことん語る~」を開催しました

マザークエストでは、2021年2月20日に
「自分のための新しいウェルビーイングを見つける学び ~教育ジャーナリスト中曽根陽子がフィンランドの生活文化専門家と探求型教育と子育てについてとことん語る~」
を開催いたしました。
フィンランド オウル市教育文化サービス部門に勤務し、フィンランドの教育を世界に発信しているモニカ・ルーッコネンさんをお迎えして、フィンランドと東京をライブでつなぐトークセッション。
たくさんの方にご参加いただきまして、フィンランドの教育への関心の高さを感じました!
前半は、フィンランドの教育システムについて教えていただきました。
モニカさんが子どもの頃は、日本と同じように「教える」スタイルの授業でしたが、今は先生は「子どもが学ぶのをサポートする」役割に変わっているそうです。ICTの導入も進んでいて、算数の宿題がゲーム形式だったりするそうです。子どもは楽しく取り組むことができ、先生はそれぞれの習熟度をチェックすることができ、レベルを調整しながらその子に合ったレベルの課題を出しているそうです。個別最適化が実現してるのですね。授業は基本的にプロジェクトベースで、環境問題やSDGs、起業精神などを教科横断で学んでいるのだそうです。
英語が必須なのはもちろんですが、公立のインター校に通うモニカさんの娘さんは小6ながら4か国語を話せるそうです!(通常の公立校ではフィンランド語と英語ですが、地球市民になるという目的のもと、英語でコミュニケーションが取れるようになります。羨ましいです!)言語のみでなく文化的背景なども学ぶことで、お互いの違いを受け入れるようになるようです。
また、現在は学習面だけでなく心の知能指数(Emotional Intelligence)も重要と考えられています。
自分と他者との境界線や感情の処理の仕方について知ることで、自分も他者も大事にできるようになったり、多様な人がいて、相手に合わせた対応をするとうまくいくことを学んだりしているそうです。
フィンランドの教育って、教育の目的が明確でそこに向かって何をしたらいいかという視点から作られているんですね。
日本とは大違い、、と思ってしまいがちですが、2020年度からの教育改革やGIGAスクール構想など、日本の教育も変わってきています。日本でも何年後かにはICTを使った教育が普通になり、探求型のプロジェクト学習が主流になっているのかもしれません。
後半は、モニカさんの子育てやライフスタイルについて伺いました。
フィンランドでは、親と子は別人格であると考える人が多く、子どもとの対話を大事にして、子どものモチベーションを育てるサポートをしている人が多いそうです。子どもの教育についても、先生と個別に相談して、我が子が今何を学ぶ必要があるか、どう学ぶのがよいかを話し合うそうです。
モニカさんは、親の希望を子どもに押し付けるのではなく、子どもが自身の人生を歩んでいけるよう応援する関わりが大事とおっしゃっていました。また、親以外の大人と関わり、いろいろな影響を受けて欲しいと思っているそうで、親戚、家族ぐるみの友人、趣味のグループなどとのおつきあいも大切にされているそうです。
また、モニカさん自身もバランスの取れた暮らしをすることを大事にされていて、母でもなく仕事でもない自分の時間を取ることを意識されているそうです。大事にしたいもののバランスが取れていることで、きっと身体も心も整えることができるのですね。
盛りだくさんな内容で、みなさまからのご質問にあまり答えることができずごめんなさい。
フィンランドの教育の素敵なところを、日本で、そして家庭で少しでも取り入れていけたらいいなと思いました。
参加者の方々から感想をいただきましたので、少しご紹介させていただきます。
・フィンランドからお話を伺え、自分がそこに行った気分になりました。シリーズ化していただけるとよいと思いました。
・フィンランドの教育の特徴について、具体的によく分かりました。自分の仕事について、とてもヒントになることがありました。
・ゲームを取り入れた宿題など、教育の方法のみならず、内容も興味深いです。
・日本人の学力は高くやはり公教育のおかげなんだなと実感しました。フィンランドやオランダの教育と比較して、日本はどうなんだろうと思っていましたが、土台部分でみんなが受けられる教育としては恵まれている。反面、自己肯定感が低いことや、不登校が増え続けているのは何十年も変わらない教育のためかと思う。定期的に見直され変革を繰り返していけるのはやっぱりいいですね。
・親と先生とオープンに話し合う機会があるというのがいいなあと思いました。
・親がそれぞれ自分の人生を楽しんで、子ども達にも大人って楽しそうだなって思ってほしいです。
・フィンランドの教育のあり方を聞いて、「うらやましい」という気持ちと、日本の教育も変わって欲しいという気持ちが出てきました。
・バランスの取れた人生が大切だと、強く思いました。ワークライフバランスですよね。
フィンランドからリアルなお話を聞かせて下さったモニカ・ルーッコネンさん、
モニカさんをつないで下さり通訳をして下さったとぬまゆきえさん、
そして、ご参加くださった皆さま、ありがとうございました♪

 

続きを読む 0 コメント

エコ・コンシャス・ジャパン戸沼さんと中曽根陽子がフィンランドについて語りました。


オンラインカフェ第8弾「学校ってどう選ぶの?~学校選びの新基準~」開催しました

マザークエストでは、11月18日にオンラインカフェ第8弾「学校ってどう選ぶの?~学校選びの新基準~」を開催しました。

 

今回は初めての平日開催だったのですが、ご参加の方が少なく、中曽根とのカウンセリングのような座談会となりました!
お話をお聞きして、学校や塾で進路指導をしてくれるけれど、成績に合った学校を勧められることが多く、
「我が子に合う学校って、どんな学校なんだろう?」
「どんな学校に行ったら、我が子は楽しく過ごし成長できるのだろう?」
と悩んでいらっしゃるのだなと改めて感じました。
中曽根から、偏差値ではない学校の選び方や、いくつか実例も挙げながらいろいろな学校の取り組みをご紹介して、どんな学校が合いそうかを一緒に考える時間となりました。
避けて通れない受験を
我が子の「好き」や「得意」を再確認する機会と捉え、
その先の人生を豊かに歩むための環境を選ぶチャンスとできるといいですね。
ご参加くださった方も、カフェの最後に
お子さんが好きなことに没頭できそうな学校があるか調べてみるとおっしゃっていました。
中学、高校と進むにつれて、親以外との大人との出会いが大事になっていくと感じます。
いろいろ悩みながらも成長していく時期を、我が子にあった環境で過ごせるといいですよね。
親が情報収集を手伝いながら、本人が自分の将来のこととして決めていくのが受験なのかもしれません。
終わった後で、「よかったね」と親子で喜べる幸せな受験となりますように。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。