What's New


特別授業申し込み受付開始いたしました。


 

 

 

 

深代先生は、トップアスリートの動作分析から、子どもの発達段階に合った運動能力開発法まで幅広く研究する、

スポーツバイオメカニクスの第一人者です。

 

日本テレビ「世界一受けたい授業」、NHK 「助けて!きわめびと」でも先生のかけっこが速くなる方法が大反響となりました。 

そんな深代先生のモットーは「運神経を育てよう」。

運動能力をあげるために大切なのは、筋肉ではなくだと言います。

今回の特別授業では、「運動ができる子は勉強もできる」という先生の、スポーツ科学に裏付けられた

「文武両道の子育て」の極意を教えていただきます。

 

ご参加お待ちしております!

【10月開催特別授業のお知らせ】

 

 「運動のできる子は、勉強もできる!」スポーツも勉強も得意になる、運脳神経のつくり方

 

 

◾️ 講師:東京大学大学院総合文化研究科・教授 教育学博士 深代千之(ふかしろせんし) 先生 

 

◾️ 日時:2017年10月21日(土)13:00~15:00 講座&トークセッション

    *先生のご厚意で終了後、同会場にて16:00まで懇親会を行います。ご都合のつく方はぜひご参加ください。

     なお、ご参加の方は当日会費(500円程度予定)をお支払いください。

     

◾️ 会場:二子玉川 カタリストBA(二子玉川ライズ リバーフロント[オフィス棟]8階)

 

◾️ 会費:4000円  ペア割あり。(ご夫婦・お友達でご一緒に申し込まれた場合)7,000円

 

 

 

 


マザークエスト特別授業 イロとカタチの不思議~発想力の鍛え方 終了しました


開催日:2017年6月25(日)13:00~16:00

講師:K.I.T.虎ノ門大学院 教授 三谷宏冶


 マザークエストでは、6月25日にK.I.T.虎ノ門大学院教授の三谷宏冶氏をお迎えして、特別授業「イロとカタチの不思議~発想力の鍛え方」を開催しました。

 

第1部では、大人と子どもで別々のテーブルに座ってもらい、
身近にあるイロやカタチの不思議な現象を体験したり、
紙コップがなぜああいうカタチをしているのかを発見したり、
いろいろなワークをやりました。


「手を動かす、身体を動かす、紙を動かす」
が合言葉でしたが、
「座って考えない」はやっぱり子どもの方が得意かもしれませんね。
イロの不思議を発見するワークは断然子どもの方が優秀でした♪

第2部は、大人は三谷先生と中曽根陽子の対談を聴いていただき、
その間子どもはアートワークショップを楽しみました。

対談では、これからの子ども達に必要とされる力について、三谷先生は
「曖昧な世界で何とかする力
 =効率よく、めげずに試行錯誤する力」
だとおっしゃっていました。
そして、そのために必要となるのが、
発想力・決める力・生きる力
の3つだそうです。

家庭で心がけることとして、
「アドバイスという名前の答えを与えることは、
 子どもが考える/決める機会を奪うこと」
というお話がありました。うぅ、、耳が痛いです。

アートでも、子ども達は「じっと考えるより手を動かす」ができていて、
最後にはみんな素敵な絵が出来上がりました♡
みんな目をキラキラさせて取り組んでいて、試行錯誤する楽しさを
味わってもらえたように思います。

参加してくれた方からの感想をご紹介しますね。

♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪
・何かやっていても何度も何度も中断してしまう娘に、
見計らって声をかけたり、気づかせることをしなければならないのですが、
今回のワークショップでは終始とてもハキハキと答え、
たくさんの発見をしている姿が見られました。(中略)
ワークショップでのイキイキした娘は、考えることを楽しんでいて、
娘の可能性、良いところがいっぱいまだまだあることが感じられ、
とても幸せな気分でした。賢くそつなくこなす娘が見たいのでは無く、
一生懸命考える娘であって欲しいのだなと改めて思ったところです。

・三谷先生の授業は、「すわったまま悩まない、動いて考えよ!」という
メッセージと、「なぜ?を常に持とう」というメッセージが貫かれていて、
受け手にダイレクトに伝わってきました。
これは毎日の生活でも習慣化できることで、ぜひ生活に落とし込みたい
と思いました。
♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪

第1部でも第2部でも子ども達が積極的に取り組んでいて、
そんな姿を見るのはとても嬉しかったです☆

嬉しい感想をありがとうございます♡
ご参加の皆様、ありがとうございました。

次回の特別授業は、
10月21日(土)13時~
東京大学大学院 深代千之教授をお迎えして
「勉強も運動もできる運動神経の作り方」をテーマに開催します。
こちらもお楽しみに待っていてくださいね。
0 コメント

シアワセの新しい形を考えるシンポジウム、shiawase2.0に出展しました


開催日:2017年3月20(月)12:00~13:00


こんにちは。
ついに春休みも始まりましたね!


お子様がご卒業を迎えられた皆様、おめでとうございます。
出かけた先で見かけた親子なのに「この子卒業式かな~」なんて思って、ちょっとウルウルしてしまうこの頃です。
子どもの成長って嬉しくもあり、ちょっと寂しくもありますが、
だからこそ1日1日、その時しかない時間を大事にしていきたいですね。


マザークエストでは、3月20日の国際幸福デーに、慶應大学三田キャンパスで開催されたシアワセの新しい形を考えるシンポジウム、shiawase2.0に出展しました。

 

shiawase2.0は、慶應大学大学院システム・デザイン・マネジメント研究科が主催したシンポジウムです。

詳しくは、こちら

 

親子の幸せ、ということで、今回はいつものマザークエストのセミナーとは指向を変えて、
「自分のタイプを知るワークショップ」を
やってみました。

 


お子さんと接する中で

「この子はどうして消極的なのか?」
「友達に優しいのはいいけど、もっとガッツも出してほしい」
「楽しいことばかりに目がいって、やるべきことが後回し、どうしたらいい?」
「慎重すぎて、、もっとチャレンジしてほしい!」
などなど、疑問に思ったり、ヤキモキすることってありますよね。

 

今回のワークショップでは、
同じ場面でも人によって全然違う反応をするというのを目の当たりにして、
「タイプが違うとこんなに違うんだ~!」という体験をしてもらいました。

 

参加者の皆様からもいろいろなご意見があり、
とっても盛り上がった楽しい時間となりました。

 

帰った後、息子が「これ面白そう!」とタイプ診断をしたのですが、
私が「息子ならこれかな」と思って選んだ項目と息子が自分で選んだ項目が違っていて、
へえぇ~!意外とわかってないものなのね!
とちょっと衝撃的でした。

 

今後の活動にも取り入れていきたいと思いますので、
ご期待くださいね☆

 

ご参加くださった皆様、ありがとうございました♪

 

0 コメント

マザークエスト第4回特別授業 脳科学で解き明かす、子どもの才能をぐんぐん引き出す親の関わり方 マザクエカフェを開催しました


開催日:2017年3月11日(土)13:00~15:00


 マザークエストでは、2月19日に開催した特別授業「脳科学で解き明かす、子どもの才能をぐんぐん引き出す親の関わり方」のフォローアップとして、3月11日にマザクエカフェを開催しました。

 

マザクエカフェでは特別授業を受けて感じたことや、その後やってみたことを参加者のみなさんとシェアしています。

うまくいったこと、いかなかったことを出し合い、
参加者の皆さんとどうしたらいいかを考えました。


「睡眠時間を確保するために生活を見直して、保育園から帰ったらまずお風呂に直行。
自分も一緒に寝るなどの工夫で早く寝られるようになった。それによって、自分の体調や仕事の効率も上がった」

「先生のお話で、今なにを優先すべきかがわかったので、
あれもしなくちゃこれもしなくちゃというプレッシャーがなくなり、気持ちが落ち着いた」

という意見が出る一方で、


「乳幼児は11時間半の睡眠が必要というデータをみて、
今の忙しい毎日の中で、どうやってその時間を確保すればいいか悩んだ」

という意見もありました。それに対して、


「いつもできる訳ではないかもしれないけれど、知っていると知らないのは大違いだから、
できないとダメ!ではなく、できるだけやっってみようと意識して生活すればいいんじゃない」

という先輩ママの意見がありました。


また、習い事について、兄弟による生活時間の違い、
親自身がイライラしているとダメだから、自分を整える工夫やご主人を巻き込むには・・・
など、さまざまなテーマについて話し合いました。

最後に、子育てのゴールをそれぞれ確認して終わりました。

実践するのは大変な面もありますが、
基本を知っていると生活の中で優先順位もつけやすいし、情報に振り回されず安心できますね。


マザクエカフェでは、他の家の様子やちょっと先をいく先輩ママの話を聞けるので、
参考になるという嬉しいご意見もいただきました。

みんなの意見を参考に、いろいろな方法を試してみて
「知っている」から「できる」になると嬉しいです。
1つずつ、小さくでも進化していきたいですね♪

 

ご参加の皆様、ありがとうございました。

 

0 コメント