お子さんにどんな未来を望みますか?

今はまだ目の前の成長のひとつひとつや勉強や受験に追われているかもしれませんが未来に思いを馳せてみて下さい。

 子どもたちが成長して大人になり社会を形成する一員となっていくころ、一人ひとりが本当の自分に出会い,与えられた才能を開花させてほしい。幸せな毎日を送っていてほしい。そんな親の望みをかなえるために、ひとつ方法があるとすれば、子どもが自分で考え行動する力をつけることだと思うのです。

子どもたちはみんな、未来を創るクリエイターです。そして、子どもたちが、自分のちからを思う存分発揮する近道は、まず私たち自身が、視野を広げ、自分で考え、よりよい未来をイメージしてデザインする力を磨くこと。 だから、母×デザイン力=子どもの未来。

クリエイティブに未来を創る力を持った子どもを育てるそんな母たちの知的探究心に応え、新しい発見と成長の場を提供する新しい試みが Mother Questです。

 


マザークエスト代表 中曽根陽子です。

子どもを育てる=未来を創る人材の育成

そんな価値のある仕事をしているお母さん、そしてすべての人を応援したい! 

そんな思いからマザークエストは活動をしています。

毎日の子育ての中で、ついつい周りが気になって悩んだり、あふれる情報に振り回されて不安になったり、思うようにならない子どもにイライラしたり、それでも毎日がんばっているお母さんのために、

厳選した良質な情報、コト、モノを提供し、お母さんのパワーアップを応援する。

それがマザークエストです。

皆さんもマザークエストのメンバーになって、よりよい未来を探究しませんか?

ここに来れば、きっと、もっと、ずっと子育てが楽しみになる! 目指せ! 子育て勇者 

 

代表中曽根陽子についてはこちら




noteでMother Quest Journal はじめました。

 

皆さんの質問にお答えする「子育て知恵袋」

・マザクエ通信でお送りしている「中曽根陽子の変わる教育変わる受験」

・北京に転勤した「スタッフまりこの北京日記」

今後も楽しくためになる記事をアップしていきますのでおたのしみに!


マザークエスト × 花まる子育てカレッジ共催

中曽根 陽子氏 × 松島 伸浩「withコロナ時代の中学受験を考える」

630日(火)【Zoomライブ配信】開催しました。

 




BUSINESS JOURNAL 連載 「中曽根陽子の教育最前線」最新記事掲載中


「オンライン教育で乗り切った公立小学校の挑戦生徒が、教師が変わった3カ月の記録」

公開中です。 こちら★からぜひご覧ください


『StudyHacker こどもまなび☆ラボ』マザークエスト代表中曽根陽子のインタビュー記事掲載


『StudyHacker こどもまなび☆ラボ』は、子どもたちの “学び” に焦点を合わせ、科学的に正しいとされる、信頼できる情報のみを発信する教育メディア。「教育を考える」のコーナーで、近年の変化のスピードの速さに加えて、新型コロナウイルスの影響で、数カ月先の見通しを立てることさえ難しい、誰にも予測不能な文字通り変化の時代を生き抜くために必要な力は何か、について語っています。

是非ご覧ください。

 

『StudyHacker こどもまなび☆ラボ』はこちらから。

 

 


首都圏模試プレ保護者会動画「子どものやる気をどうキープするのか?」


 首都圏模試センターの主催する今年度初めての模試、小61回「中学受験合判模試」は当初予定していた4/19(日)から5/24(日)に延期することになり、私立中会場での実施はせず「自宅受験」のみで実施することになりました。首都圏模試センターでは、この4月から「中学受験生応援企画」として、動画を中心に様々な形で中学受験の準備に役立てていただける情報発信をされています。3弾として、5/24(日)にもオンラインで動画配信予定の「保護者会」に先駆けた「プレ保護者会」での中曽根陽子の動画をご覧ください。21世紀型能力の育成と幸せな中学受験にするための心得や親の関わり方をお話ししてきました。今回は、お子さんのモチベーションを高めるためのアドバイスをお伝えします。《約22分》


花まる学習会 小幡七海さん(花まる亭 じゅげむ先生)オンライン寄席「落語 X ミニワークショップ」動画のご紹介



 最近の活動の報告です。


オンラインカフェ第3弾「長引く自宅待機でストレスをためないために、今だからできること」開催しました

マザークエストでは、5月10日にオンラインカフェ第3弾「長引く自宅待機でストレスをためないために、今だからできること」を開催しました。

 

休校休園が長引くにつれ、勉強のこと、お友達と遊べないこと、いろいろな体験ができないこと、運動不足など、いろいろ不安や悩みも募ってきているようです。

 

それでも、時間的な余裕があることで心にも余裕ができ、子どもとしっかり向き合えている、コミュニケーションが増えたという方が多かったです。いつもなら忙しくて子どもの話も流して聞いていたのが、子どもの顔をちゃんと見ながらじっくり話を聞けるようになって、子どもの反応が変わったという方もいらっしゃいました。

 

マザークエスト代表中曽根からもポジティブ心理学のポイントを少しお伝えし、いいニュースを関心を持って聞くことやどんな状況でもどこに意識を向けるかで幸せに過ごせることをお伝えしました。

 

ピンチはチャンス。この外出自粛中は、子どもの話に耳を傾け、関係を深めるチャンスなのかもしれませんね。

学習面では、学校の宿題も出始めているようですが、学校からの宿題よりも今しかできないことをやらせてあげたいという方が多かったです。植物を育てたり、一緒にお料理をしたり、工作をしたり、、、そんな何でもない時間が後から思い出すととても貴重な思い出になるんだろうなとお話を聞きながら感じました。

 

やっぱり人と話すって大切♪
悩みや不安がその場で解決するわけではないけど、みんな同じように試行錯誤していることがわかり、不安に感じてたことも、これでいいんだと感じられる、そんな時間だったように思います。自分にとって大切なこと、子どもにとって大切なこと、今できることを少しずつ積み重ねていきたいですね。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 

これからも定期的にオンラインカフェを開催していく予定ですので、楽しみにしてくださいね。

 

0 コメント

オンライン授業 コロナ疲れで子供たちが不安定化していませんか?生活リズムを取り戻し、健全をキープする方法を医学と脳科学の専門家から学ぼう 開催しました。


 

オンラインzoomを使った授業でしたが、画面に入りきらないくらいたくさんの皆様にご参加いただき賑やかな会になりました。

まず、MQのサポーターで、医学と脳科学の専門家である成田奈緒子先生から、「子供の不安・大人の不安を減らして子どもの発達を促そう」というテーマでお話していただきました。不安の原因や、それを取り除くための方法も具体的に教えて頂きました。

その後のMQ代表中曽根陽子との対談では、みなさんからの質問に答えて頂きながら進行しました。
・脳育て、今から実践しても遅くない?
・お昼寝するので、夜寝るのが遅くなってしまうのですがどうしたらよい?
・昼夜逆転の中学生どうしたらよい?
・どうしてもゲーム、ユーチューブの時間が長くなってしまいます。等々…。

チャットを通して、どんどん感想や質問が挙げられ、その一つ一つに答えて頂きました。

お話を聞きながら、大きくうなずいたり、「わかる!わかる!」といった書き込みをしてくださる方も多く、みなさんに共感して頂いているのを感じました。

この不自由な状況がいつまで続くかわかりませんが、今日の授業が皆さんにとって、毎日を健康に楽しく過ごすヒントになればいいなと思います。

0 コメント

オンラインカフェ第2弾「みんなで考えよう!休校休園中の子どもの生活」開催しました

緊急事態宣言が出されたことで外出も制限され、学校も幼稚園や保育園も休校休園が続くことが決まりました。

 

これから子どもの生活をどうしていこうか?勉強は?外遊びは?

いろいろ悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

マザークエストでは、4月11日にオンラインカフェ第2弾として「みんなどうしてる?これからどうする?みんなで考えよう!休校休園中の子どもの生活」をテーマに開催しました。

 

まずは、自己紹介と近況、最近あったちょっといいことを話していただきました。皆さん、時間に余裕が出来て、家族の会話が増えたり、ゆったりお料理やお菓子作りを楽しんだり、映画を観たり、と楽しみを見つけていらっしゃるようです。

 

参加した方々のお悩みは、

・首都圏は休校でも、4月から再開している地域もあり、勉強の遅れが心配

・子どもは外遊びをしたがるが、公園には子どもがたくさんいて、一緒に遊ばせるのは心配

・学校が始まった時に他の子と差が付かないように少しは勉強をさせたいが、課題もはっきりしていなくて、何をどこまでやればいいのかよくわからない

・子どもがずっと家にいると、兄弟ケンカも多くなり、親子関係もギクシャクしてくる

などが挙げられました。

 

また、工夫していることやうまくいっていることとして

・1日のスケジュールを作り、規則正しい生活をする

・早起きして、まだ人がいない時間に公園で遊ぶ

・家でできるエクササイズをする(すごろくのますにエクササイズのメニュー(腕立て5回、スクワット10回など)を書いて家族で遊ぶ)

・いわゆるお勉強じゃなくても、時間がある今だからできることをやってみる(自由研究を今やってみるのはどうでしょうか?)

・オンラインヨガやオンライン瞑想に参加してみたら、すっきりしてよかった

などもご意見がありました。

 

スタッフまりこの子ども達が通うインターナショナルスクールでは、メンタルを保つために週に1回はマインドフルネスの時間を取ることをお勧めされており、子ども用マインドフルネスの動画も紹介されていた他、工作や音楽など好きなことに没頭するのもよいそうです。

 

参加してくれた方々からは

・休校が長期化して不安だったけど、みんなと話して安心できた

・親子でこもっていると閉塞的になってしまうけど、他の人の意見を聞けて少し視野が広がり、自分のリフレッシュにもなった

・他の人のうまくいっているアイディアを我が家でも実践してみたい

・出かけられなくても、ZOOMでつながれて、楽しめたり気が楽になることがわかった

などの感想をいただきました。

 

今回のカフェは、おしゃべりって大事だなと改めて感じました。

まだ先の見えない状況ですが、またみなさんとつながれる企画を考えていきますので、テーマのご要望などありましたらお知らせください。

 

0 コメント

オンライン寄席 「落語 X ミニワークショップ」開催しました。

桜も満開に咲き、春らしいお天気が続いています。せっかくの春休みなのに、外で遊ぶのも気持ちいい季節なのに、なかなかお友達と遊ぶのも難しい状況が続いていますね。そんな子ども達に楽しんでもらいたい!とマザークエストでは、花まる学習会より小幡七海さん(花まる亭 じゅげむ先生)をお迎えし、オンライン寄席「落語 X ミニワークショップ」を開催いたしました。

 

ドラえもんを例にして落語ってこんなもの、という説明から始まり、そばを食べる、手紙を書くなどを身振り手振りで表現してみたり、小噺のオチを予想してみたり、とクイズとワークを交えて、子どもも親も楽しめる時間でした。最後に落語を披露してもらいましたが、動物園を舞台にしたお話はとても面白く、娘は他の家族にも話していました。

 

初めてのオンライン親子ワークショップで、スタッフもドキドキしながらの挑戦でしたが、オンラインならではの楽しさもあったように思います。時々音声がよく聞き取れなかった方もいらっしゃったようで、本当にゴメンナサイ。次回に向けて対策を考えていきますので、またご参加くださいね。

 

まだ外出しにくい時期が続きそうですので、引き続きオンライン企画を検討していきます。

次回もお楽しみに!

 

0 コメント

オンラインマザクエカフェ お子さんとの生活を気持ちよく過ごすために、ムダなイライラを 減らすには・・・開催しました。

新型コロナウィルスの影響で、お仕事に影響を受けている方、学校が突然の休校になり毎日子どもが家にいて、しかもお出かけもしづらいという状況で、イライラをつのらせている方も多いのではないでは?

 こんな時こそ、みんなでおしゃべりして心のトリートメントできないかな・・・そんな思いから、マザークエストでは「お子さんとの生活を気持ちよく過ごすために、ムダなイライラを減らすには・・・」というテーマで、マザクエオンラインカフェを開催いたしたました。

怒りの根底にある感情や理想に目を向けるようになれたこと、怒りのコントロールを具体的なアイデアと共に知れたことがよかったです。

相手のべきは正しいと思うことが、イライラの軽減になりそうです。

 

子どもにも、夫にも○○すべき、があると客観的に感じれました。トレーニングで感情をコントロールできると学んだのでいつも心にとめます。

など、短時間でも多くの気付きがあったようです。

また時々、オンラインのカフェを企画しようと思います。

 

 

0 コメント

御茶ノ水教育カレッジで「1歩先行く!幸せな中学受験ゼミ(全6回)」を開催しました

花まるグループ  スクールFC代表の松島伸浩先生とご一緒に、テーマ別連続ゼミを企画して6回に渡って開催。広尾学園様にご協力いただき、ゼミ生限定の学校見学会も実現。

200校の学校を見てきた中曽根陽子と

中学受験の専門家松島先生のコラボで実現したゼミは、中学受験の最新動向解析・塾選び・学校選び・子どものやる気をキープるには・幸せな中学受験にするための親のか変わり方など。これまでにない多面的に中学受験を捉える機会となりました。