What's New


マザークエスト特別授業 「2020年 変わる受験 変わる英語教育」終了しました


開催日:2018年7月1日(日)13:00~16:00

講師:京都造形芸術大学 副学長 本間正人


マザークエストでは、7月1日に京都造形芸術大学 副学長の本間正人氏をお迎えして、
特別授業「2020年 変わる受験 変わる英語教育」を開催しました。

第1部の講演で、本間先生は、「英語教育を英語学習にしたい」とおっしゃられました。
英語だけではないと思いますが、「教わるのではなく、学ぶ」という、受け身ではなく自発的な姿勢で取り組むのが一番大事なのかもしれません。

子どもが英語を身に付けるために、一番大事なことは

英語をキライにしないこと
そのために楽しんで学ぶこと

だそうですよ!

親目線だとついつい「やらなきゃいけないのだから、とにかく単語覚えて!」となりがちですが、確かにそうだなあと思いました。


そして、外国人として英語を話せるようになるためには2000時間あれば十分だそうです。そして、2000時間とは1年間の労働時間と同じくらいだとか。

これは大人も子どもと同じなので、その気になれば1年で話せるようになるということですね!

 

一方で、中学校での英語の授業は、週に4時間の場合、年140時間程度で、中高6年で840時間で、2000時間には遠く及ばないので、家庭で英語に触れる時間を作りましょうということでした。

 

NHK英会話の講師も務められた本間先生のお話は、学習に関する知識をベースとして、どう楽しく学ぶかというヒントが満載で、モヤモヤしていたことがスーッと腑に落ちた感じがします。

 

そして、学習の際には「inputよりoutputが楽しい」し、outputすると定着します。子どもと楽しめるゲームを紹介して下さったので、こちらでもご紹介しますね。

 

1つ目は英単語しりとり。日本語のように最後の文字でのしりとりは難しいので、2文字目を次につなげていくのがやりやすいそうですよ。
(例:apple -> power -> orange -> red ...)

 

2つ目は連想ゲーム。日本語の「白いはうさぎ。うさぎは跳ねる。跳ねるはカエル。」ってやつですね。全部英語ではなく、ハードルを低くして、「whiteといえばrabbit。rabbitといえばjump。jumpといえばfrog。」とすれば、子どもとでもやりやすいですよ。

 

第2部のトークセッションでは、
英語で探究活動を行うイングリッシュスタジオの加藤 千絵さん、
英語を通じて異文化理解や国際交流、自己表現を行うラボパーティーの川上優香さん、
多読多聴を取り入れた英語学習方法を公立小でも実践している明星中学の鬼丸晴美さんをお迎えし、
それぞれのユニークな英語学習法をお話しいただきながら、
「使える英語の身に付け方」について考えました。

 

皆さんのお話に共通していたのは、
「楽しい」から「もっと知りたい」「もっとやりたい」となるようにサポートされているということでした。

 

そして、
・今英語が嫌いだったら無理にやらなくても大丈夫
・大人になって話せるようになりたいと思えば、その時からでも話せるようになる
・正しさにこだわって話せないのはもったいない、文法が間違ってても伝えたいと思えるように、

英語力より発話する勇気や伝える力を小さいうちに育てた方がよい
などのアドバイスをいただきました。

 

我が家の中1の息子は既に英語は苦手と感じているようですが、

それでも焦らなくていいか、と思えましたし、

その上で楽しんで英語に触れる時間を増やしていこうと思いました。

早速2文字しりとりに楽しく取り組んでます!

 

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました♪

参加者の方からの感想はまた次回にご紹介しますね。

 

0 コメント

世田谷区二子玉川小でのPTA向け講演会でした


開催日:2018年6月22日(金)10:00~12:00


みなさま、こんにちは。

あまり宣伝していませんが、マザークエストでは小中学校や幼稚園でのPTA向けの講演もお受けしています。


これまでにも、コーチングやアンガーマネジメント、

これから変わる社会に対応していける子どもとは、などのテーマで小学校で講演をしています。

6月22日に、世田谷区二子玉川小学校で、
『成功したいなら「失敗力」を育てなさい』
~AI時代を生き抜くために必要な力とは~
というテーマで、マザークエスト代表の中曽根陽子が講演をいたしました。


定員が60名のところ、80名以上の方からお申込みをいただき、
抽選をしたそうです!抽選になることは今までなかったそうなので、
たくさんの方にご興味を持って頂けるテーマだったのですね。

前半の講演では、近い将来を予測するデータを示しながら、子ども達は
どんな未来を生きることになるんだろう?ということをお伝えし、
その上で、AI時代を生き抜くために必要な力についての中曽根の考えを
お話しました。

後半は、AI時代を生き抜く力を育てるための親の関わり方として、
ワークを2つ体験してもらいました。
1つは、子どもの「できるようになったこと、成長を感じたこと」を
伝えあう、というものです。言葉にして誰かに伝えてみると、話した人も
聞いた人もちょっと嬉しい温かい気持ちになったようですよ。

ママ友とのおしゃべりでは、できないことや直して欲しいところを
話すことが多いと思いますが、みなさんもやってみてくださいね♪

2つめは質問力のワークで、「失敗力」を身に付けるための質問を
体験してもらいました。とてもシンプルだけど、とても有効な質問
なので、皆さんにも使ってもらえたらと思います。

参加者の皆さんからも嬉しい感想をたくさんいただいたので、
またご紹介しますね♪

皆さんの学校にも伺います!
ご希望がありましたら、ぜひリクエストしてくださいね。

0 コメント

「考えよう!創ろう!ブロックを使ったワークショップ 〜子供の習い事について〜」


開催日:2018年6月17日(日)14:00~17:00


マザークエストでは、6月17日(日)に
NPO法人スポーツコーチングイニシアチブさん主催の
「考えよう!創ろう!ブロックを使ったワークショップ 〜子供の習い事について〜」
というワークショップに共催いたしました。

子どもの習い事って、

「子どもがやりたいって言ったから」
「お友達が楽しそうだから」
「お勉強は先取りしておいて損はないし」

などの理由から、あまり深く考えることなく始めることが多いような気がします。

でも、始めてみると、お金もかかるし、
「これを習って何が身に付くんだろう」
と考えたりしませんか?

今回は、LEGOブロックを使ったLEGOシリアスプレイというワークショップで
「習い事を通して、どんなことを身に付けて欲しいか」
「そのために、どんな親でありたいか」
と向き合いました。


考えるのではなく、手を動かして感じる、作ったものに意味づけをする。

それにより、
意識しているゴールをより明確に、
普段は意識していない自分の価値観にも気づく
時間となりました。

みなさん、それぞれ真剣にお子さんの将来を考え、
愛情を持って子育てをされているんだな~と
心がじわ~っと温かくなるワークショップでした。

このワークショップの終了後、スタッフの間でまたやりたいなという話になりましたので、
また開催するかもしれません。
今回ご都合が合わなかった方は楽しみにしていてくださいね。

0 コメント

実践講座「子どものやる気を育てるコーチング」3回目終了しました


開催日:2018年6月16日(土)10:00~12:00


みなさん、こんにちは。
今日は梅雨の晴れ間のいいお天気ですね♪
久しぶりの太陽でちょっと気持ちも上がります!

マザークエストでは、6月16日(土)に「子どものやる気を育てるコーチング」の3回目を開催しました。

前回からの1か月どう過ごしたかの振り返りから始まりました。
講座開始から2か月経ったので、みなさんいろいろやってみたことの中で
うまくいったこと、うまくいかなかったこと、などいろいろな話題がありました。
うまくいかない中でも、みなさんいろいろと工夫されていて、お話を聞いていて
とても参考になりました。

そして、今回のテーマは「質問」でした。

突然ですが、みなさんの好きな芸能人は誰ですか?

最近あんまりテレビ観てないし、急には思いつかないなあ、、
なんて思う人もいると思いますが、

でも、聞かれると考えますよね。
そういえば、あの俳優さんちょっといいかも、と思い出したりして。

そうなんです。
聞かれると考えるし、答えを探しますよね。

これが質問の効果なんですね。
指示や命令でなく、質問をする。
これだけで、子どもの対応も変わるかもしれません。

どんな質問をするかでどんな答えが出るかが決まります。
お子さんのやる気を育てるには、どんな質問をしたらよいでしょう。
皆さんも考えてみてくださいね。

最後に、悪い叱り方やNGワード、上手な叱り方についても教えてもらいました。

子育てって、褒めるや認めるだけではないですよね。
ダメなことはダメと言わないといけないので、上手な叱り方はとても参考になりました。

わかっていてもできない、という時もありますが、
自分のパターンを認識できているのは次につながっていきますね。

親も悩みながら成長している、という姿を子どもに見せるのも
愛情を示すことになるのかなという気がします。

講座は終了しましたが、これが終わりではなくて、ここからがスタートと
気持ちを新たに、また今日からもできることを考えていきたいなと思います。

これをきっかけにみなさんとご家族がより楽しく過ごせるといいなと願っています☆
0 コメント

2020年の教育改革に伴う「変わる教育と受験」、開催しました


開催日:2018年4月26日(木)10:00~12:00


マザークエストでは、4月26日に「変わる教育と受験」を開催しました。

 

2020年から教育改革が行われるという話をよく耳にしますが、
その内容と狙いをご存じですか?

マザークエスト代表で教育ジャーナリストの中曽根陽子が専門家の立場から
これからの教育がどう変わっていくか、
それは子ども達に何を身に付けて欲しいからなのか、
さらには、AI時代を生き抜くために必要な力
についてお伝えいたしました。
私立中高への取材に基づいた各学校の取り組みや方針などもお話しました。


これからの時代は、変化のスピードが速く予測できないと言われています。
マザークエストでは、そんな時代を生きる子ども達に
「失敗を恐れずチャレンジする力」
「失敗から学び次に活かす力」
「最後までやり抜く力」
偏差値では測れないそんな力が必要だと考えていて、それを「失敗力」と名付けました。
ワークも交えて失敗力を身に付けるための声かけについても、皆さんと考えました。
失敗力については、中曽根陽子の著書『成功したいなら「失敗力」を育てなさい』をご参考くださいね。
学校選び、塾選びは、子どもにとってとても大事な選択となりますが、
誰にとってもベストな学校がある訳ではありません。
我が子にどんな大人になって欲しいか、
そのためにどんな力を身に付けて欲しいか、
どんな環境で我が子はのびのびと育っていけるのか、
そんな「我が家にとって大事なこと」を考えるきっかけとなれば嬉しいです。
0 コメント

実践講座「子どものやる気を育てるコーチング」1回目終了しました


開催日:2018年4月21日(土)10:00~12:00


おはようございます。いよいよ今日からGWですね!
特に旅行をしたりする訳ではないのですが、久しぶりの連休でちょっとワクワクしています♪
 
マザークエストでは、4月21日に
実践講座「子どものやる気を育てるコーチング」
の第1回目を開催しました。
 
コーチングとは、という紹介から始まり、
子どものコーチとなるために必要な3つの姿勢を教えてもらいました。
 
そして、1回目のテーマは「聞く」。
毎日子どもの話なんてイヤと言うほど聞いているようで、
きちんと子どもと向き合って本当に話したいことを聞いているか、と考えてみると、
 
食事の支度をしながら振り向きもせずに返事をしていたり、
どうせ大した話じゃないからと流して聞いていたり、
 
しますよね。
 
「きちんと聞く」ことで、
相手を受け入れているという安心感を与える
のだそうですよ。
 
講座では、いくつかのワークを体験してもらい、
みなさんに「聞く」ことの意味を感じてもらいました。
また、どう聞いたら「受け入れられている」と感じるかも考えてもらいました。
 
最後に、次回までの1か月でやってみたいことをそれぞれ決めて発表しました。
ご自分の生活の中で子どもと話す時間を「いつ」取るかを決めた方、
自分はコーチだと思って3つの姿勢を意識してみるという方、
子どもだけじゃなく夫とも向き合うという方、
いろいろな取り組みがありそうです。
 
1か月、いろいろ試してみてくださいね。
参加者の皆さんに負けないよう、スタッフの私たちも一緒に実践します!
次回お会いするのがとても楽しみです♪
0 コメント