What's New


特別授業「2020年 変わる受験 変わる英語教育」の募集を開始しました

もはや逃げられない英語教育。

「何歳から始めればいいの?」

逆に「焦って始めなくても大丈夫?」

「どうしたらできるようになるの?」

そんな疑問の答えを見つけにきませんか?

 

2020年から小学校で英語が教科化され、英語教育への関心も高まっていますが、どうすればいいのか悩む人も多いのでは・・・?

 

そこで、今回の特別授業では、NHK英語番組でも長年講師を務め、強みを引き出すコーチングの第一人者でもある本間正人先生から、使える英語力の育てかたや子どもを伸ばす関わり方を学びます。また、2部では、英語学習に長年かかわってきた専門家の方々も加わってそれぞれのユニークな学習方法を紹介していただきながら、使える英語力の育て方について考えます。

 

本間先生の名トークも必見ですよ!

 ♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪
日時 :2018年7月1日(日)13:00~16:00
場所 :二子玉川 カタリストBA(二子玉川ライズ リバーフロント8階)
講師 :京都造形芸術大学 副学長 本間正人氏
受講料:4000円
   ペア割(ご夫婦やお友達でご一緒に申し込まれる場合)7000円
♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪

グローバル化がますます進むこれからの時代を生きる子ども達。

日本にいても英語が話せて当たり前となるのかもしれません。
そんな中で広がる英語学習熱。
一方で、「世界で活躍するために、英語が話せるより大事なこと」という
記事もよく目にします。
いろいろな情報がありすぎて、親は何をしたらいいのか迷いますよね。

そこで、今回はNHKの英語番組で長年講師も務め、強みを引き出すコーチングの第一人者でもある本間正人先生に、「使える英語力の育てかたや子どもを伸ばす関わりかた」を教えて頂きます。

後半のトークセッションでは、

英語で探究活動をするイングリッシュスタジオの加藤千絵さん、
英語を通じて異文化理解や国際交流、自己表現を行うラボパーティーの川上優香さん、

多読多聴を取り入れた英語学習法を開発し、公立小学校でも実践している明星中学の鬼丸さんをお迎えし、それぞれのユニークな英語学習法をお話しいただきながら、「使える英語の身に付け方」について本間先生と一緒に考えます。

「小さい頃から英語を始めた方がいいってホント?」

「どうしたら身につくの?」
など、英語教育に関する疑問やお悩みを解決し、親が押さえておくべきポイントを知りたい方、ぜひご参加ください。

 



「考えよう!創ろう!ブロックを使ったワークショップ 〜子供の習い事について〜」


開催日:2018年6月17日(日)14:00~17:00


マザークエストでは、6月17日(日)に
NPO法人スポーツコーチングイニシアチブさん主催の
「考えよう!創ろう!ブロックを使ったワークショップ 〜子供の習い事について〜」
というワークショップに共催いたしました。

子どもの習い事って、

「子どもがやりたいって言ったから」
「お友達が楽しそうだから」
「お勉強は先取りしておいて損はないし」

などの理由から、あまり深く考えることなく始めることが多いような気がします。

でも、始めてみると、お金もかかるし、
「これを習って何が身に付くんだろう」
と考えたりしませんか?

今回は、LEGOブロックを使ったLEGOシリアスプレイというワークショップで
「習い事を通して、どんなことを身に付けて欲しいか」
「そのために、どんな親でありたいか」
と向き合いました。


考えるのではなく、手を動かして感じる、作ったものに意味づけをする。

それにより、
意識しているゴールをより明確に、
普段は意識していない自分の価値観にも気づく
時間となりました。

みなさん、それぞれ真剣にお子さんの将来を考え、
愛情を持って子育てをされているんだな~と
心がじわ~っと温かくなるワークショップでした。

このワークショップの終了後、スタッフの間でまたやりたいなという話になりましたので、
また開催するかもしれません。
今回ご都合が合わなかった方は楽しみにしていてくださいね。

0 コメント

実践講座「子どものやる気を育てるコーチング」3回目終了しました


開催日:2018年6月16日(土)10:00~12:00


みなさん、こんにちは。
今日は梅雨の晴れ間のいいお天気ですね♪
久しぶりの太陽でちょっと気持ちも上がります!

マザークエストでは、6月16日(土)に「子どものやる気を育てるコーチング」の3回目を開催しました。

前回からの1か月どう過ごしたかの振り返りから始まりました。
講座開始から2か月経ったので、みなさんいろいろやってみたことの中で
うまくいったこと、うまくいかなかったこと、などいろいろな話題がありました。
うまくいかない中でも、みなさんいろいろと工夫されていて、お話を聞いていて
とても参考になりました。

そして、今回のテーマは「質問」でした。

突然ですが、みなさんの好きな芸能人は誰ですか?

最近あんまりテレビ観てないし、急には思いつかないなあ、、
なんて思う人もいると思いますが、

でも、聞かれると考えますよね。
そういえば、あの俳優さんちょっといいかも、と思い出したりして。

そうなんです。
聞かれると考えるし、答えを探しますよね。

これが質問の効果なんですね。
指示や命令でなく、質問をする。
これだけで、子どもの対応も変わるかもしれません。

どんな質問をするかでどんな答えが出るかが決まります。
お子さんのやる気を育てるには、どんな質問をしたらよいでしょう。
皆さんも考えてみてくださいね。

最後に、悪い叱り方やNGワード、上手な叱り方についても教えてもらいました。

子育てって、褒めるや認めるだけではないですよね。
ダメなことはダメと言わないといけないので、上手な叱り方はとても参考になりました。

わかっていてもできない、という時もありますが、
自分のパターンを認識できているのは次につながっていきますね。

親も悩みながら成長している、という姿を子どもに見せるのも
愛情を示すことになるのかなという気がします。

講座は終了しましたが、これが終わりではなくて、ここからがスタートと
気持ちを新たに、また今日からもできることを考えていきたいなと思います。

これをきっかけにみなさんとご家族がより楽しく過ごせるといいなと願っています☆
0 コメント

2020年の教育改革に伴う「変わる教育と受験」、開催しました


開催日:2018年4月26日(木)10:00~12:00


マザークエストでは、4月26日に「変わる教育と受験」を開催しました。

 

2020年から教育改革が行われるという話をよく耳にしますが、
その内容と狙いをご存じですか?

マザークエスト代表で教育ジャーナリストの中曽根陽子が専門家の立場から
これからの教育がどう変わっていくか、
それは子ども達に何を身に付けて欲しいからなのか、
さらには、AI時代を生き抜くために必要な力
についてお伝えいたしました。
私立中高への取材に基づいた各学校の取り組みや方針などもお話しました。


これからの時代は、変化のスピードが速く予測できないと言われています。
マザークエストでは、そんな時代を生きる子ども達に
「失敗を恐れずチャレンジする力」
「失敗から学び次に活かす力」
「最後までやり抜く力」
偏差値では測れないそんな力が必要だと考えていて、それを「失敗力」と名付けました。
ワークも交えて失敗力を身に付けるための声かけについても、皆さんと考えました。
失敗力については、中曽根陽子の著書『成功したいなら「失敗力」を育てなさい』をご参考くださいね。
学校選び、塾選びは、子どもにとってとても大事な選択となりますが、
誰にとってもベストな学校がある訳ではありません。
我が子にどんな大人になって欲しいか、
そのためにどんな力を身に付けて欲しいか、
どんな環境で我が子はのびのびと育っていけるのか、
そんな「我が家にとって大事なこと」を考えるきっかけとなれば嬉しいです。
0 コメント

実践講座「子どものやる気を育てるコーチング」1回目終了しました


開催日:2018年4月21日(土)10:00~12:00


おはようございます。いよいよ今日からGWですね!
特に旅行をしたりする訳ではないのですが、久しぶりの連休でちょっとワクワクしています♪
 
マザークエストでは、4月21日に
実践講座「子どものやる気を育てるコーチング」
の第1回目を開催しました。
 
コーチングとは、という紹介から始まり、
子どものコーチとなるために必要な3つの姿勢を教えてもらいました。
 
そして、1回目のテーマは「聞く」。
毎日子どもの話なんてイヤと言うほど聞いているようで、
きちんと子どもと向き合って本当に話したいことを聞いているか、と考えてみると、
 
食事の支度をしながら振り向きもせずに返事をしていたり、
どうせ大した話じゃないからと流して聞いていたり、
 
しますよね。
 
「きちんと聞く」ことで、
相手を受け入れているという安心感を与える
のだそうですよ。
 
講座では、いくつかのワークを体験してもらい、
みなさんに「聞く」ことの意味を感じてもらいました。
また、どう聞いたら「受け入れられている」と感じるかも考えてもらいました。
 
最後に、次回までの1か月でやってみたいことをそれぞれ決めて発表しました。
ご自分の生活の中で子どもと話す時間を「いつ」取るかを決めた方、
自分はコーチだと思って3つの姿勢を意識してみるという方、
子どもだけじゃなく夫とも向き合うという方、
いろいろな取り組みがありそうです。
 
1か月、いろいろ試してみてくださいね。
参加者の皆さんに負けないよう、スタッフの私たちも一緒に実践します!
次回お会いするのがとても楽しみです♪
0 コメント

NPO法人ハロードリーム実行委員との共催で「笑顔のコーチング」開催しました


開催日:2018年3月3日(土)10:00~16:00


午前中は参加者がお互いに笑顔を引き出し合うコミュニケーションを体得するプログラム。

「誰かを笑顔にしたい!」という想いを持った方がたくさん集まりました。

 

私は、初めて会った人ばかりで最初は緊張していたのですが、進んでいくうちに緊張がほぐれ楽しくなって体がポカポカしてきて元気がでてきました。終わるころには参加者のみんなが楽しそうな笑顔になっていたのが印象的でした。


午後からは「笑顔のコーチングファシリテーター養成講座」。

具体的にコーチングプログラムの構成や進め方を教えていただきました。

 

講師は本間正人先生。日本で5本の指に入るファシリテーションのプロです。さすがでした!

本間先生はバイタリティーあふれるとても素敵な方でした。先生の話を聞いているだけで笑顔になりました。

 

マザクエ会員の方にもご参加いただきありがとうございました!

笑顔のパワーに気づき、自分の周りの人たちを笑顔にしていきたいと感じた一日でした。

0 コメント

マザークエスト特別授業 「子どもの心のコーチング」 終了しました


開催日:2018年2月25(日)13:00~16:00

講師:NPO法人ハートフルコミュニケーション代表理事 菅原裕子


 マザークエストでは、2月25日にNPO法人ハートフルコミュニケーション代表理事の菅原裕子氏をお迎えして、特別授業「子どもの心のコーチング~これだけは知っておきたい!AI時代に力を発揮する子育て3原則と親の関わり方」を開催しました。

 

第1部の菅原さんの講演では、これからの時代を生きる子どもに必要な力は、「変化に対応/適応する能力」とおっしゃっていました。
そして、その能力を育てるには、
①愛すること
②責任=反応する能力
③人の役に立つ喜び
の3つを子どもの中に育てるのがよいそうです。

 

ご講演の中では、この3つの力について、いろいろな事例を交えてお話下さいました。


また、マザークエスト代表 中曽根陽子とのトークセッションでは、
AI時代にたくましく生きていく子どもを育てるための様々なヒントを教えていただきました。

グローバル時代ともいわれますが、英語より日本語をしっかりと身に付けておくべきだそうです。

通訳としてご活躍されていた菅原さんの言葉には、なるほどと納得された方も多かったと思います。

質疑応答では、
「子どもにお手伝いをさせたいと思うが、習い事が忙しく、なかなかゆっくり任せる時間がない。どうしたらよいですか?」
「子どもが甘えて「手伝って」という時、どうしたらいいですか?」
「お手伝いをさせる時の声かけを教えてください。」
「ヘルプとサポートの境目が難しい。サポートするにはどう対応したらいいですか?」
など、参加者の方からのたくさんのご質問に答えていただきました。

どれの質問も多くの皆様が悩まれていることだと思いますが、お母さん同士の会話では

絶対に出てこないお答えばかりでした。
私もすごく参考になったので、生活の中で使っていきたいです。

その後、数人のグループに分かれてグループセッションを行いました。
私は愛することをテーマにしたグループで、お子さんのいいところを話していただだきましたが、

皆さんのお話を伺ってるだけで、ほんわかと場が温かくなるのを感じました。

そして、今回は初の試みとして、「マザクエラボ」を立ち上げます。
特別授業で学んだことを「知ってる」から「できる」にするために3週間仲間と一緒に実践します。

私自身も3週間後がとても楽しみです。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました♪

そして、講師の菅原裕子さんには素敵なお話をありがとうございました。
今までにも数回お話をお伺いしていますが、毎回本当にそうだなと共感することもあり、

また子どもの成長に伴い、新しい視点や気付きがあり、最後には必ず涙で終わりますね。


また菅原さんのお話を聴けてよかった、と心を新たに、今日からの日々を教えていただいた

3つのことを頭において過ごしていきたいと思います。

0 コメント