マザークエストがやってきたこと


マザークエストでは、クリエイティブに未来を創る力を持った子どもを育てるそんな母たちの知的探究心に応えるべく、

子育てに必要な6つの栄養素をもとに新しい発見と成長の場を提供してきました。

  1. 専門家を招いてのお母さんのための特別授業
  2. マザークエスト代表 中曽根陽子の講演会
  3. マザークエストプレゼンツ 子育てデザインミーティング
  4. 子育てに即役立つ実践講座
  5. PTA向け講演会

1.  専門家を招いてのお母さんのための特別授業


オンライン講座「生活リズムを取りもどし、健全をキープする方法を医学と脳科学の専門家から学ぼう!」

2020年4月26日


新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国に拡大し、大人も子どもも不安の中で不自由な生活を強いられていました。新学期が始まっても学校にいけず長引く外出自粛で不安感を増す子どもたち。そして、在宅勤務や休業などで親のストレスも高まっている時期に、生活リズムを取りもどし、親子、夫婦、そして自分自身の健全な状態をキープするためのヒントを医学と脳科学の専門家、成田奈緒子先生にお話しただきました。素晴らしい内容でした!

続きはこちら

 

 

21days  Workout オンラインフィットネス

2020年5月


北京在住の崎田コーチとともに、21日間毎朝15分のトレージングに挑戦しました。

自粛期間真っ只中に毎朝おはよう!と顔を合わせてがんばりました。

親子で参加してくださった方もいて、楽しい21日間でした!!

 

続きはこちら

オンライン寄席「落語 x ミニワークショップ」

2020年4月3日


せっかくの春休みなのに、外で遊ぶのも気持ちいい季節なのに、なかなかお友達と遊ぶのも難しい状況が続いていますね。そんな子ども達に楽しんでもらいたい!とマザークエストでは、花まる学習会より小幡七海さん(花まる亭 じゅげむ先生)をお迎えし、オンライン寄席「落語 X ミニワークショップ」を開催いたしました。

続きはこちら


思考力の土台って何? ~自分で考えるのがどんどん楽しくなる~

2019年6月2日


神奈川県の進学校「栄光学園」のカリスマ教師、井本晴久先生(イモニイ)をお迎えし、思考力についての講演&ワークショップを開催しました。
男子あるあるの話から始まり、子どもの今を認めることの大事さを熱心にお話してくれました。

続きはこちら

 

"Most Likely To Succeed"映画上映会

2019年3月21日


教育関係者の間で話題の映画"Most Likely To Succeed"の上映会&ディスカッションを開催しました。映画を観た後で、参加者の皆さんとこれからの時代を生きる子どもにとって成功とは何か、そのために必要な力は何かを考えたのですが、子ども達からの意見が鋭くて、子どもってすごいなあ、未来は明るいかもと思えたひとときでした。

続きはこちら

AIと共存する未来

2018年12月16日


国立情報学研究所教授の宇野毅明氏をお迎えして、AIの現状を教えていただき、未来の仕事がどんな風に変わっていくのか、その時どんな能力が大事になりそうかを参加者の皆さんと考えました。また、これからの時代の情報との付き合い方やデータの見方についてもお話を伺いました。

続きはこちら

 


2020年 変わる受験 変わる英語教育

2018年7月1日


京都造形芸術大学 副学長の本間正人氏をお迎えして、特別授業「2020年 変わる受験 変わる英語教育」を開催しました。

本間先生は、「英語教育を英語学習にしたい」とおっしゃられました。「教わるのではなく、学ぶ」という、受け身ではなく自発的な姿勢で取り組むのが一番大事なのかもしれません。

子どもが英語を身に付けるために、一番大事なことは、英語をキライにしない、そのために楽しんで学ぶこと、だそうですよ!

続きはこちら

子どもの心のコーチング ~これだけは知っておきたい!AI時代に力を発揮する子育て3原則と親の関わり方~

2018年2月25日


NPO法人ハートフルコミュニケーション代表理事の菅原裕子氏をお迎えし、AI時代の子育てについて伺いました。

第1部の講演では、これからの時代を生きる子どもに必要な力は、「変化に対応/適応する能力」とおっしゃっていました。そして、その能力を育てるには、①愛すること、②責任=反応する能力、③人の役に立つ喜び、の3つを子どもの中に育てるのがよいそうです。

続きはこちら

 

運動ができる子は勉強もできる!スポーツも勉強も得意になる運脳神経のつくり方

2017年10月21日


東京大学大学院の深代千之教授をお迎えして
特別授業「運動ができる子は勉強もできる!」を開催しました。東大で学生向けに1年間かけて教えていらっしゃる授業の内容を1時間とコンパクトにわかりやすくお話していただきました。
脳の仕組みとしては運動も勉強も「やればできる」のだから「やらないのはもったいない」とおっしゃっていました。

続きはこちら

 


イロとカタチの不思議 ~発想力の鍛え方~

2017年6月25日


K.I.T.虎ノ門大学院教授の三谷宏冶氏をお迎えして、特別授業「イロとカタチの不思議~発想力の鍛え方」を開催しました。

 第1部では、大人と子どもで別々のテーブルに座ってもらい、身近にあるイロやカタチの不思議な現象を体験したり、紙コップがなぜあのカタチをしているのかを発見したり、いろいろなワークをやりました。

続きはこちら

脳科学で解き明かす、子どもの才能をぐんぐん引き出す親の関わり方

2017年2月19日


文教大学教育学部教授で小児科医でもある成田奈緒子先生をお迎えして、特別授業「脳科学で解き明かす、子どもの才能をぐんぐん引き出す親の関わり方」特別授業を開催しました。

続きはこちら

幸福学の視点から、子育てをポジティブにするワークショップ

2016年10月23日


慶応大学大学院システムデザインマネジメント研究科の前野隆司教授による「幸福学の視点から、子育てをポジティブにするワークショップ」を開催しました。

「幸せになりたい」と誰でも願っていると思いますが、幸せになる方法を知っている人は少ないのではないでしょうか?前野先生の研究で明らかになった幸せの4つの因子を教えて頂き、幸せを感じるワークを体験しました。続きはこちら


ぐんぐん伸びる子になるスケジューリングとは?                   ~自ら勉強する子にしたい、計画的行動ができる子にしたい方必見の夏休み特別講座~

2016年7月10日


東洋経済オンラインでの連載「ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?子どもに身につけさせたい最強マインド」 累計1000万アクセスを超える人気記事の著者、石田勝紀さんから夏休みのスケジュール管理のコツを学びました。

続きはこちら

"決める力"を身につける          ~意思決定、発展的な議論の仕方を    手に入れよう~

2016年5月15日


ヒトは大事なコトほど見過ごしやすい。思考法の超基本は「大事なコト」を見極めることです。ということで、ビジネスマンに思考法を教えていらっしゃる三谷宏治氏による決める力を身につけるワークショップを開催しました。

続きはこちら

「失敗力」出版記念 第1回特別授業 開成中高柳沢校長先生によるアクティブ・ラーニングを体験しよう

2016年3月6日


マザークエスト代表 中曽根陽子の新著『1歩先行く中学受験 成功したいなら「失敗力」を育てなさい』の出版を記念して、この本の中で、対談を収録させていただいた開成中学・高校の柳沢幸雄校長先生をお招きして、他では体験できない、まさに特別な授業をお届けしました。

続きはこちら

 


三谷さんちの子育て ~ヒマと貧乏とお手伝い~

 2015年9月13日


K.I.T.虎ノ門大学院教授 三谷宏治氏をお迎えして、「三谷さんちの子育て~ヒマと貧乏とお手伝い」を開催しました。今回は男性の参加も多く、三谷家の子育てへの関心の高さが感じられました。続きはこちら

a.school はじまりの学校とのコラボセミナー 「子どもとお母さんの探求力をあげよう」夏休みスペシャル親子企画

2015年7月28日


子どものモチベーションを刺激するはじまりの学校a.schoolとのコラボで、親子向けのワークショップを開催しました。わかりやすいノートの取り方、伝わる発表の仕方など、親子で楽しく「学び方」を学びました。続きはこちら

子育てを科学する 正しい脳の育て方 ~脳科学で解き明かす、子どもの才能をぐんぐん引き出す親の関わり方~

2015年6月6日


発達脳科学者の成田奈緒子先生をお招きして開催したマザクエオープンセミナー。成田先生のパワフルで分かりやすいお話とお利口さん脳を育てる実践ワーク 続きはこちら


出る杭を伸ばす探求型の子育て ~好奇心が溢れだす子どもに育てる実践ワークショップ

2015年3月8日


講師は、先見の明を持って子どもの可能性を引き出す探究型の学びを実践してきた炭谷俊樹先生。

子どもの好奇心や自ら成長する力を育てる方法を教えて頂きました。

続きはこちら

いつする?受験 子どもを伸ばす教育環境の選び方  

2015年1月29日


教育ジャーナリストであり、マザークエスト代表の中曽根陽子が受験に関して講演しました。1部では、今大きく変わろうとしている日本の教育の最新情報とこれからの時代で求められる力について中曽根がお話しました。2部では、5人の先輩マザーがそれぞれの子育てを振り返っての本音トークに会場も盛り上がりました。    続きはこちら

社会で本当に求められる力ってなんだろう? ~時代が求める力とその力をつけるために親にできる事~

 2014年8月31日


「これからの時代で本当に求められる力ってなんだろう」

グローバル時代だからといって、求められるのは英語力だけ?・・・でもなさそう。

では、いったいどんな力をつければいいの?

そんな声に応えて、キャリア教育のプロや採用の最前線で多くの学生を見てきたプロのここでしか聞けないお話を聞きながら、

「時代が求める力とその力をつけるために親にできること」について考えました。続きはこちら




2.  マザークエスト代表 中曽根陽子の講演会


変わる教育 変わる受験

2019年2月21日


就学前から高校生のお子さまをお持ちの保護者の方々を始め、33名の方にご参加いただきました。 前半では、私たちにはまだ想像することが容易ではないこれからの世の中、子どもたちはどんな未来を生きることになるのだろう?その時にどんな力が必要なのだろう?それに伴って、まさに日本の教育も変わろうとしている、とお伝えいたしました。

続きはこちら

変わる教育と受験

2018年4月26日


2020年から教育改革が行われるという話をよく耳にしますが、その内容と狙いをご存じですか?
中曽根陽子が専門家の立場から、これからの教育がどう変わっていくか、それは子ども達に何を身に付けて欲しいからなのか、さらには、AI時代を生き抜くために必要な力についてお伝えいたしました。また、私立中高への取材に基づいた各学校の取り組みや方針などもお話しました。

続きはこちら



5.  PTA向け講演会


イライラを減らすアンガーマネジメント

2018年12月


世田谷区等々力小学校で、畑さち子が講演いたしました。講座の最初で、「ここ1週間にイライラしたこと」についてお伺いしたのですが、
やはり子育て中のママ達は小さなイライラをたくさん抱えているなと感じました。少しでもイライラを減らせるよう、3つの暗号としてお伝えしました。

続きはこちら

 

AI時代を生き抜くために ~失敗してもくじけない子どもに育つ『失敗力』の育て方~

2018年11月


世田谷区立京西小学校で、マザークエスト代表中曽根陽子が講演をいたしました。前半の講演では、近い将来を予測するデータを示しながら、子ども達はどんな未来を生きることになるんだろう?ということをお伝えし、その上で、AI時代を生き抜くために必要な力についての中曽根の考えをお話しました。

続きはこちら

 


成功したいなら『失敗力』を育てなさい ~AI時代を生き抜くために必要な力とは~

2018年6月


世田谷区二子玉川小学校にて、マザークエスト代表 中曽根陽子が講演をさせて頂きました。
定員が60名のところ、80名以上の方からお申込みをいただき、抽選をしたそうです!抽選になることは今までなかったそうなので、たくさんの方にご興味を持って頂けるテーマだったのですね。
続きはこちら

 

イライラを減らすアンガーマネジメント

2017年11月


世田谷区用賀小学校にて、畑さち子が講演をさせていただきました。

これから変わる社会に対応していける子ども

2017年9月


世田谷区八幡小学校にて、マザークエスト代表中曽根陽子が講演をさせていただきました。


思春期を見据えて、今からできる親子のよりよいコミュニケーションとは

2016年12月


世田谷区等々力小学校にて、マザークエストスタッフ畑さち子が親子のコミュニケーションについて講演させて頂きました。

いざという時のために ~今からできることを考える防災ワークショップ~

2016年6月


世田谷区等々力小学校にて、阪神大震災で被災した経験を持つ中曽根陽子が防災について考えるワークショップをさせて頂きました。

 

母だからこそ考えよう 我が子にあった教育環境の選び方

2014年6月


世田谷区等々力小学校にて、マザークエスト代表中曽根陽子がPTAの方々に講演をさせて頂きました。

 



3.  マザークエストプレゼンツ 子育てデザインミーティング


マザクエ流探求型子育て講座「コロナ時代を生き抜くために必要な力を育てるには」開催しました

こんにちは。マザークエストです。
マザークエストでは、9月13日(日)にK.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授の三谷宏冶さんを講師にお迎えして、マザクエ流探求型子育て講座を開催しました。
withコロナの時代って、、という導入では、
新型コロナウィルスの特徴をおさらいし、
実はコロナのおかげでよくなったこととよくなかったことを挙げてくださいました。
よくないことの典型として「子どもがゲームとYouTube漬けになっている」があり、これは参加者の方々にも思い当たる方が多かったようでした。
そして、その原因はというと
「発想力と自律性の不足」
なんですね。うーん、確かにそうかもしれません、、
子どもは休校や休園になり、大人もリモートワークになり、ある意味仕方ない状況にも思えますが、これを打破するには
「新しい状況に柔軟・迅速に対応できる力が必要」
→「発想力・決める力・実行力を高めていこう」
というご意見には、納得する方も多かったのではないでしょうか。
ここから、今回のテーマでもある「発想力・決める力・実行力」についてのお話を伺いましたが、私が一番衝撃を受け
たのは
「知識や常識が身を亡ぼす」
というご指摘です!いろいろ知ってることで選択肢が広がっていくと思っていましたが、
「知っていると考えなくなる」
と三谷さんはおっしゃっていました。なるほど、、それもありますね。
思い込みを外して、なんで?と探究していくことが大事だそうです!
子どもの自由な発想に付き合い、大人も柔軟になることが必要かもしれません。
いくつかワークを交えて、発想力や実行力について体験してもらいました。
そして、三谷家の人材育成(=子育て)のエピソードを紹介しながら、発想力・決める力を高めるための方法を教えてくださいました。
発想力が大事とよく聞くし、我が子も発想力が豊かに育って欲しいと願うけれど、
「決める力を身に付けるとは、10人中3人になる勇気」
「発想力を身に付けるとは、10人中1人になる勇気」
とお聞きし、親としてもマイノリティーになる覚悟が必要なんだと改めて痛感しました。
最後に「発想力・決める力を高めるために、やっていること/やってみたいこと」をグループでシェアしてもらいました。
皆さんいろいろ工夫されているようです。
「実行力」を付けるため、これから2週間参加者の方と実践に取り組みます。

参加者の方からの感想を少しご紹介しますね。
・三谷先生のテンポの良いお話がとても聞きやすかった。オンラインのため、参加しやすかったし、自宅でリラックス
して受講できた。家族もなんとなく聞いていたのも良かった。
・発言のチャンスやグループセッションがあり、集合しての受講に近い感覚がもてた。
・物理的な移動がない分、参加しやすい。実際の生の臨場感は若干希薄になるが、距離を超えて全国の方とブレークアウトルームなどで、ディスカッション等できて、一方的なウェビナーではなかったので、有意義で、受け身じゃない会となり、非常によかった。
・こういう子育て方法もあると、参考になりました。
三谷さん、いつもながら心揺さぶられるお話をありがとうございました。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。
コロナ禍でのよかったことの1つは、オンライン講座が広まったこと!
リアルではご参加頂けない遠方の方や、小さいお子さんがいらっしゃる方にもご参加していただけて嬉しかったです。
マザークエストでも、オンラインでもできることの選択肢を増やしていこうと検討中です。
よかったら、またご参加くださいね。

 

続きを読む 0 コメント

オンラインカフェ第3弾「長引く自宅待機でストレスをためないために、今だからできること」開催しました

マザークエストでは、5月10日にオンラインカフェ第3弾「長引く自宅待機でストレスをためないために、今だからできること」を開催しました。

 

休校休園が長引くにつれ、勉強のこと、お友達と遊べないこと、いろいろな体験ができないこと、運動不足など、いろいろ不安や悩みも募ってきているようです。

 

それでも、時間的な余裕があることで心にも余裕ができ、子どもとしっかり向き合えている、コミュニケーションが増えたという方が多かったです。いつもなら忙しくて子どもの話も流して聞いていたのが、子どもの顔をちゃんと見ながらじっくり話を聞けるようになって、子どもの反応が変わったという方もいらっしゃいました。

 

マザークエスト代表中曽根からもポジティブ心理学のポイントを少しお伝えし、いいニュースを関心を持って聞くことやどんな状況でもどこに意識を向けるかで幸せに過ごせることをお伝えしました。

 

ピンチはチャンス。この外出自粛中は、子どもの話に耳を傾け、関係を深めるチャンスなのかもしれませんね。

学習面では、学校の宿題も出始めているようですが、学校からの宿題よりも今しかできないことをやらせてあげたいという方が多かったです。植物を育てたり、一緒にお料理をしたり、工作をしたり、、、そんな何でもない時間が後から思い出すととても貴重な思い出になるんだろうなとお話を聞きながら感じました。

 

やっぱり人と話すって大切♪
悩みや不安がその場で解決するわけではないけど、みんな同じように試行錯誤していることがわかり、不安に感じてたことも、これでいいんだと感じられる、そんな時間だったように思います。自分にとって大切なこと、子どもにとって大切なこと、今できることを少しずつ積み重ねていきたいですね。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 

これからも定期的にオンラインカフェを開催していく予定ですので、楽しみにしてくださいね。

 

0 コメント

オンライン授業 コロナ疲れで子供たちが不安定化していませんか?生活リズムを取り戻し、健全をキープする方法を医学と脳科学の専門家から学ぼう 開催しました。

続きを読む 0 コメント

オンラインカフェ第2弾「みんなで考えよう!休校休園中の子どもの生活」開催しました

緊急事態宣言が出されたことで外出も制限され、学校も幼稚園や保育園も休校休園が続くことが決まりました。

 

これから子どもの生活をどうしていこうか?勉強は?外遊びは?

いろいろ悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

マザークエストでは、4月11日にオンラインカフェ第2弾として「みんなどうしてる?これからどうする?みんなで考えよう!休校休園中の子どもの生活」をテーマに開催しました。

 

まずは、自己紹介と近況、最近あったちょっといいことを話していただきました。皆さん、時間に余裕が出来て、家族の会話が増えたり、ゆったりお料理やお菓子作りを楽しんだり、映画を観たり、と楽しみを見つけていらっしゃるようです。

 

参加した方々のお悩みは、

・首都圏は休校でも、4月から再開している地域もあり、勉強の遅れが心配

・子どもは外遊びをしたがるが、公園には子どもがたくさんいて、一緒に遊ばせるのは心配

・学校が始まった時に他の子と差が付かないように少しは勉強をさせたいが、課題もはっきりしていなくて、何をどこまでやればいいのかよくわからない

・子どもがずっと家にいると、兄弟ケンカも多くなり、親子関係もギクシャクしてくる

などが挙げられました。

 

また、工夫していることやうまくいっていることとして

・1日のスケジュールを作り、規則正しい生活をする

・早起きして、まだ人がいない時間に公園で遊ぶ

・家でできるエクササイズをする(すごろくのますにエクササイズのメニュー(腕立て5回、スクワット10回など)を書いて家族で遊ぶ)

・いわゆるお勉強じゃなくても、時間がある今だからできることをやってみる(自由研究を今やってみるのはどうでしょうか?)

・オンラインヨガやオンライン瞑想に参加してみたら、すっきりしてよかった

などもご意見がありました。

 

スタッフまりこの子ども達が通うインターナショナルスクールでは、メンタルを保つために週に1回はマインドフルネスの時間を取ることをお勧めされており、子ども用マインドフルネスの動画も紹介されていた他、工作や音楽など好きなことに没頭するのもよいそうです。

 

参加してくれた方々からは

・休校が長期化して不安だったけど、みんなと話して安心できた

・親子でこもっていると閉塞的になってしまうけど、他の人の意見を聞けて少し視野が広がり、自分のリフレッシュにもなった

・他の人のうまくいっているアイディアを我が家でも実践してみたい

・出かけられなくても、ZOOMでつながれて、楽しめたり気が楽になることがわかった

などの感想をいただきました。

 

今回のカフェは、おしゃべりって大事だなと改めて感じました。

まだ先の見えない状況ですが、またみなさんとつながれる企画を考えていきますので、テーマのご要望などありましたらお知らせください。

 

0 コメント

2020年5月